51o95aw415l

ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身に... 続き

コメント

圧倒的知識不足を自覚した上で、人が陥りがちな10の本能に惑わされず、少しでも正しく世界を理解出来るよう、ファクトフルネスを意識的に習慣にしたいものです。

また、著者造語の「可能主義」は、根拠のない希望を持たず、根拠のない不安を持たず、いかなる時もドラマティックすぎる世界の見方を持たないことで、不必要に世の中を悪く捉えることを回避するために良い価値観ですね。

犯人探し本能や単純化本能で思考停止に陥りがちなので改善していきたいです。

その他のコメント

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。
人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。
この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。
世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

自分達の知識がいかにメディアやその他、思い込みなどのバイアスにかかっているか、そしてそうならないようにするための方法を教えてくれる本。
普段からテレビやネット、広告などは鵜呑みにしないように気をつけてきたつもりでも、やっぱりショッキングなストーリーに引きずられていたという事に気づかされた。
正しい情報は自分から取りに行かないと、受け身でいたらダメなんて、ちょっと寂しいね。

読者

819bf9df 6a30 4e69 b093 3421b4d47f6aD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810028d77ed a285 4e4c bec1 758e369933067d3e8361 1f98 455f 83a2 1cd70baffc6cA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bIcon user placeholderD7c3912b d799 457a 9b55 4fe2b6fc5d80929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7 139人

ビジネス