51o95aw415l

ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身に... 続き

コメント

圧倒的知識不足を自覚した上で、人が陥りがちな10の本能に惑わされず、少しでも正しく世界を理解出来るよう、ファクトフルネスを意識的に習慣にしたいものです。

また、著者造語の「可能主義」は、根拠のない希望を持たず、根拠のない不安を持たず、いかなる時もドラマティックすぎる世界の見方を持たないことで、不必要に世の中を悪く捉えることを回避するために良い価値観ですね。

犯人探し本能や単純化本能で思考停止に陥りがちなので改善していきたいです。

その他のコメント

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。
人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。
この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。
世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

自分達の知識がいかにメディアやその他、思い込みなどのバイアスにかかっているか、そしてそうならないようにするための方法を教えてくれる本。
普段からテレビやネット、広告などは鵜呑みにしないように気をつけてきたつもりでも、やっぱりショッキングなストーリーに引きずられていたという事に気づかされた。
正しい情報は自分から取りに行かないと、受け身でいたらダメなんて、ちょっと寂しいね。

読者

2faf8e98 f0e0 4697 ba80 9eccbc8365b105226c01 9ad2 4726 9ec5 d42f00fdc2d4Fa348f38 7dda 4a0f 9980 724b5470dc0cAf7f1fdf a43c 44a3 ae19 eab7b3ec224777d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af68862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11 234人

ビジネス

1分間資本論

1分間資本論

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

短くまとめられているので読みやすかった。原本も訳本も読んだ事はないけど、研究などではなく教養として資本論を知るなら充分だと思う。 共産主義とはどういうことか書かれているかと思ったが、資本主義の先に理想となる国があるという風に書かれている印象を受けた。

6日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder
自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

Icon user placeholder

自分同様、他の人たちにも望みやニーズ、心配や恐れがある 人のためにすべきと気づいたことをしない 被害者の自分の正当化 しない理由を相手の欠点に結びつける 法則 うしろめたい→正当化 自己正当化を強化してくれる人 or… 人を見下さない、リスペクトすること

6日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 53
ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

Akiaivjyeuyp25rambwa

juuuun_o

スタートアップ起業→メガベンチャ…

ヤフーの1on1での目的は、部下の行動や経験学習を深める事と定義しており、1on1で起きがちな上司が状況把握するためのものではないことを強く提言している点が印象的です。部下の学びを支援であり、そのための対話であることを意識する必要性を説いています。 気づいたら上司主導の報告/相談に陥りやすく、自分の考えを主張し誘導する場面もあったのかなと学びがありました。苦手意識を持つ人とほど1on1を活かしてコミュニケーションを密にとり、互いに苦手意識を緩和する場にしていくことも非常に重要であり、1on1を行っている立場として、一段踏み込む意識改革にもなったので、実施側は必読で良いかと。

8日前

92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e14721248 300e 4250 8018 eecc0a8186ed84004e98 17b9 4395 9c00 1c992add9326