51o95aw415l

ファクトフルネスとは データや事実にもとづき、世界を読み解く習慣。賢い人ほどとらわれる10の思い込みから解放されれば、癒され、世界を正しく見るスキルが身に... 続き

コメント

読みながら、世界がどの方向に進めば「良くなっている」と言えるのか?と考えていた。

その他のコメント

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。
人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。
この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。
世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

自分達の知識がいかにメディアやその他、思い込みなどのバイアスにかかっているか、そしてそうならないようにするための方法を教えてくれる本。
普段からテレビやネット、広告などは鵜呑みにしないように気をつけてきたつもりでも、やっぱりショッキングなストーリーに引きずられていたという事に気づかされた。
正しい情報は自分から取りに行かないと、受け身でいたらダメなんて、ちょっと寂しいね。

読者

B6782e0e 8b12 4172 a3f0 5d96744af8b1007d36c0 090c 4fa8 bf78 3ec188f6f263D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cC7da5d50 a7d8 47eb a760 5c3d25fbdc2831f9d634 1a93 44b3 bd3e 3a53411ad90727975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Icon user placeholder95eda2ac 1b7a 49db afa8 1d6d7bf575cc 299人

ビジネス

子ども格差の経済学

子ども格差の経済学

F9c83f76 b5ae 4770 83ba c80562f80ac3

ショータ

大学2回生 教育学部 主に自己啓…

タイトルにもあるように、主に塾に通う子とそうでない子に注目して教育の格差について分析と考察をされています 高所得層と低所得層の学校外教育費への投資の差が学力にどれほど影響するのか、塾以外の習い事(スポーツや芸術活動)がその後の人生にどのように影響するのか、他にも幼児教育の大切さなど詳しく解説されています 内容は初心者にも分かりやすく、難解な専門用語も無いので教育格差について初めて学ぶ人や学び始めの人にオススメです ですが正直言うと、全240pあるこの本を読むよりも、ネット上の関連する論文を2〜3個(30p程の簡単なもの)を読んだ方が早い気がします

2日前

Icon user placeholderAf6207e9 11a9 4c10 abe6 a9f3f9c0e351Icon user placeholder
才能の正体

才能の正体

Af6207e9 11a9 4c10 abe6 a9f3f9c0e351

tumo-san

たまに読みます。

自分がうすうすと思っていたことが、文章になっている! 読み進めて行くと最後に出てくる、「才能の正体」には思わず納得。 自分の子どもや会社での部下の、才能の伸ばし方も具体的に書いてあるので、すごくためになります。 ぜひ、一度は読んで欲しいですね。

2日前

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593 10
「仕事速いね!」と言わせるコツ50

「仕事速いね!」と言わせるコツ50

Cd089201 46b1 4f2b a046 b0ef2685e1ac

Yuki

はじめての読書記録。

◆「仕事速いね!」という言葉には、発した人の驚きや感動など、ポジティブな感情が込められています。 言うほうも、言われるほうも嬉しい。 ◆「仕事の速さは、気の利かせ方である」〜決して「自分の仕事だけ終わればいいや」というものではないのです。

3日前