Btn appstore Btn googleplay
51n5gas6gol

コメント

真菌類小説のアンソロジーの翻訳。要するにキノコの小説。寡聞にしてそういうものがあるとは知らなかったが、日本でもそういうアンソロジーがあるのだそうだ。坂口安吾の「ラムネ氏のこと」なんかも言われてみればきのこ小説だよなあ。解説の飯沢耕太郎も編んだものがあるらしい。飯沢耕太郎と言えば写真評論家なので、同姓同名の別人か?どうなってんだろうと思ったら実はきのこ愛好家でもあったっていう不思議。
内容も真菌をモチーフにしているという共通項があるだけで、ラブクラフト風のホラーからSF、ノスタルジア溢れる味わいのものやハードボイルドかつコミカルなものまで多種多様で飽きない構成になってる。
編者たちはあの「マタンゴ」を見て育ったのだそうで、クトゥルフ神話関係?の雑誌に関わっている人たちらしい。そうした関係者も含めて全て書き下ろしなんだとか。ちょっと贅沢な話ではある。
第1コロニーとあるので第2、第3コロニーと続くのだろうか。
発行はPヴァイン。ここってレコード会社だったけどこんな渋い小説出すんだなあ。装丁はオニフスベ潜水艦、かっこいい!

マニアックで面白い菌類小説てんこ盛りのアンソロジー。ただ、やたらと日本の特撮のマタンゴを推す割に日本の作品が未収録なのが気になる。栗本薫の「カビ」とか、とっても怖くて良い作品なのにな。

読者

0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb9d476b75 62ba 4d3a a9e6 11b4821949bd001b7c00 bdb8 4cea b0c1 b718f667c1998aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543deE9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b870394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823 8人

文学

砂漠

砂漠

7d574782 709d 4e7e 877c 5b99bcb2cbd4

安達 竹男

台湾に駐在する日本人

北、南、西、東、+1の、五人の大学生の話。麻雀、ボーリング、超能力…。物語の最後の、春、夏、秋、冬、この伏線にはやられた。読み終った後の爽快感がヤバイ。

約1時間前

0eb87883 37d2 494b 90b0 787392bb685cIcon user placeholder7ac5e6eb d541 4717 89b4 dd077ce5e4fc 43
葵の残葉

葵の残葉

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8

オールドファッションドボーイ

ボロは、着てても心は、錦

明治維新は、岩倉と薩摩藩にまんまとやられた感がある。慶勝は、もっと評価されてもいいと思う。

1日前