51ahn%2b9emol

コメント

言わずとしれたFateシリーズの原点となるゲーム『Fate/stay night』セイバールートのコミカライズ完結巻。

初期は結構、絵の拙さが目立っていたが、巻数が進むにつれて、それも改善。

むしろ原作の奈須きのこ先生も褒めていたが、よくここまでストーリーを逸脱することなく、他のルートの雰囲気も入れつつということができたなという印象。

どうしてもヴィジュアルノベル向けに作られたので、コミックにするとまどろっこしい部分もあるが、Fateの雰囲気・内容は十分に味わえる。

「だけど今も夢に見る」という士郎からの、セイバーの『夢の続きを…』はあのラストの感動を思い出してしまった。

読者

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

コミック

ゴールデンカムイ 4

ゴールデンカムイ 4

3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662

ゆず

動きになる前のものに関心がありま…

“狼を絶滅させた罪、この土地に住む全ての人間に罪がある。” “人間を殺すと悪い神になるというやつか…。安心しろ、人間になんぞ、そこまでの価値は無い。” “和泉守兼定です”

約7時間前

ライク ア ローリング ストーン

ライク ア ローリング ストーン

774af42e 30e9 462d a3c0 2639c09025a8

takeharu

主に漫画についての記録を投稿しま…

1969年にCOMで連載されていた本作、約50年の時をえて単行本に。ずっと単行本に、という話を退けてきたけれど、ボブディランのノーベル平和賞受賞がきっかけで発刊にいたったらしい(タイトルはボブディランの名曲のまま)。 私小説ならぬ、私マンガの原点とも言われている本書、当時23歳だった著者のほぼ実体験が描かれている。政治の季節の熱っぽい空気感がブワッと躍動的に伝わってくる。 ハードボイルド、学生運動、抜き差しならない生 っぽい恋愛など、著書イメージがモロにあらわれていて凄く楽しめた。 今の大学生くらいの若者達は、この空気感をどう受け止めるんだろう。気になる。 ちなみに、はっぴいえんどの風街ロマンのジャケットを手掛けているのも宮谷一彦です。

3日前