214r1spj51l

コメント

ヘルートコワリスの写真はインテリオタクな感じがなんとも言えず好きだ。執拗に対象に向き合い、傷つける既のところで画を切り取る。写真集も構築的で体験をデザインするという、写真集で実は当たり前のことをきれいにやっている。蒼い闇の深くて暗いところにぐいぐい引き込まれて、振り返ると全てが消えていたみたいな作品。好みが分かれると思うけれど、作品としての完成度がすばらしいです。

読者

06c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a4C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

新刊

名画の読み方 世界のビジネスエリートが身につける教養

名画の読み方 世界のビジネスエリートが身につける教養

1343d401 b500 49d0 882a 685a062b6c6e

Hodimachion

Just started

宗教画から静物画まで、西洋美術を鑑賞、いや、読解するための「構造」の見方についてきちんと説明してくれる良書。 これを読んだ上でウフィツィ やナショナルギャラリーで絵画を見ると、まるで見え方が変わる。 まず知らなければわからない事がある。西洋美術はまさに、その絵の文化的文脈を調べながら見なければならない事がよくわかる良書。 なお、印象派以降の近現代の絵画については触れていないので、要注意。

約18時間前