Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51lt71bfs2l

コメント

人を動かすプレゼンテーションにはしっかりしたストーリー作りが必要、というのは数多の類書で述べられていますが、この本のウリは、ストーリーを引き立てる図表の作り方とデータの扱い方です。
簡単に取り入れられそうなアイデアがたくさん載っていますが、いざ実践しようとすると、かなり頭を使わないといけません。ただ真似ただけでは、地味で味気ないプレゼンになっちゃう。逆説的ですが、プレゼンで一番大事なのはストーリーなんだなということを実感しました。

データの活用方法や見せ方などとても参考になる。とにかくシンプルな例は美しく、これからの資料作りに活かせるものばかり。
とくに「ストーリーを語る」はおもしろく、人の心を動かすストーリーに関する本を読みたくなった。

役員向け資料を作る機会が多いのに、なかなか見せ方(魅せ方)が上達せず、読んでみた。

グラフの種類の選び方、色の使い方、ストーリーの作り方、などなど。
読んでいても面白いし(さすが見せ方と説明がうまい)、こういうことが知りたかった!というポイントが沢山。
早速実践で使ってみようっと。

読者

806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482f312a7d64 d19b 434c 8766 27df29f004dbAf143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f4b47712e 2374 4d51 b0f7 838913514ccdB158527f b88e 4b5b ace8 3e06e317626aF4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b0#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fe160d92210>3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8 40人

ビジネス

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

幸か不幸か2割に該当する状況になった人にオススメしたい本。とはいえ日本人がカルチャーマップ上でも以下に極東に位置しているかは多くの人が知っておいても良いと思った。 ネガティブフィードバックに対しての各国の人の捉え方など自分の現状認識と結構違いがあったので、実感値とカルチャーマップの違いを是正できる程度にはコミュニケーションの質を上げていきたい。

約18時間前

Da6446c3 dc3e 460f 935c fdc1d8085a7598d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69
世界で最もイノベーティブな組織の作り方

世界で最もイノベーティブな組織の作り方

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55

新田洋平

職業プログラマ。77年生まれ

個人はイノベーティブだけど、組織になるとそれが失われてしまう。これを防ぐには組織全体の変革が必要、という論旨。「イノベーションを起こす」と簡単に言うが、それには相応の覚悟と決断が求められるということがよくわかる。多様性や遊びを受け入れ偶発的なアイディアが発生しやすい状況を用意し目標管理を数値に頼らず管理型プロセスを排除する、というのは一定の規模の組織では容易い決断ではないだろう。しかし、その分挑戦する価値も高いと感じた。

約18時間前

プロ直伝! 最高の結果を出すファシリテーション

プロ直伝! 最高の結果を出すファシリテーション

920e4bda bbbf 4954 bccc b3d1529f62ea

ルー・リード

わたしはわたしで、いたいのだ。

自分の仕事に現在追い討ちをかけた!もうひとつの仕事がこれを読みながら納得している最中です。 わたしはビジネスマンでもありません! されど?わたしの今置かれた活動がビックリ⁉️ 的確に書いてあり、渋々、ポケットマネーで購入しました。 企画を作る、ひとを育て わたしも成長する、難しいことばかりですが? そんな参考書として最適な本に巡り会えました(^^) 会議に参加するなら当事者自身が楽しく参加して発言する。 ベーシックな動作を身につけれるかは定かです。

2日前