51i8zfjwrll

ノーベル賞受賞作家マリオ・バルガス・リョサを驚嘆せしめたゴンクール賞最優秀新人賞受賞の傑作。金髪の野獣と呼ばれたナチのユダヤ人大量虐殺の責任者ハイドリヒと... 続き

コメント

あああ面白くて大変!
こんなに夢中になって読んだのは久し振り。

その他のコメント

これは凄い小説だ。海外で評価が高くいろいろな賞をもらった作品らしいので読んでみました。
この手があったか!、という感想。
いわゆるナチもので、プラハで起こったハイドリヒ暗殺事件を取り上げています。
この作品の凄いところは、ハイドリヒがナチの中で昇進していく過程と、亡命チェコ人、スロヴァキア人によるハイドリヒ暗殺計画、そして実行、その後、ナチによる報復を描いた章と、作者のいわば作品を描いていく過程についての独白がほぼ交互に書かれているところ。
例えばフランスとイギリスが台頭し始めたドイツ第三帝国に妥協していく過程を書く章と、フランス人でありチェコスロヴァキアで軍役も果たした作者の忸怩たる思いが交互に語られていく。
よくある戦争もの、ナチものとは確実に一線を画す小説であることは間違いなく、読み始めると引きこまれてしまい...久しぶりに、あと少しだけど読み終わりたくない、という気持ちを味わいました。
大変お薦めの小説です。
それにしてもハイドリヒという人物は非常に興味深い。
因みに変わったタイトルはゲーリングがヒムラーを揶揄して言った言葉に由来している。
タイトルについても本文中で触れられておりなかなか面白いくだりになっている。

二次大戦下、ドイツの属領となったチェコのプラハで、金髪の野獣と呼ばれた領主ハイドリヒの暗殺が計画される。ほぼ生還は絶望とされた作戦に志願したパラシュート部隊員たちが、ナチス高官を追う。当地で伝説となった史実を小説に仕立てた物語。

読者

F1e4dc23 167e 4f39 8e26 6b7568e2eb51D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048103c3545be ef22 45e6 8e4b 1f3c15b858391fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c69df13e5e ee78 4222 a034 0046b24956e7C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec047c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a 46人

文芸

本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ

3b97d3f5 99ed 4f93 9e21 0e2e465276da

yama

キロク。

目を背け、もどかしく、絶望し、自分と向き合う女の子の心情が、力強くキラキラと眩しい。リュークス、リュークス、フィルフィルルー。自分の足で自ら道を開くのだ。(将来、娘にも読んでほしい…)

約2時間前

1fb85407 2d76 49d6 9ce1 4664fc23dbb251719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e494Cd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903 63
奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

これも装丁とタイトルで損しているな。ものすごく真面目な内容なのになんかキワモノっぽい感じがする。この作者、Youtubeとニコニコ動画で古典の解説をしてるらしくそのの内容を書式化したものらしい。時代によっていかに価値観が変わるのか、というのがテーマで収録されているのは、魔女狩りの発端となった書物、台湾人になりすまして出鱈目をベストセラーにした話、未だ解読されないヴォイニッチ手稿について、野球がいかに悪いものかという論文、ガリヴァー旅行記の作者が人食いを推奨するていでアイルランドの現状を憂いた論文、誰にも見せずに世界で一番長いとされる小説を書いていた男の話、超伝導に関するニセ論文スキャンダル、敬虔なイスラム学者が酒を飲みながら書いた物語、顧客の求めに応じてでっち上げを完璧に作った江戸時代の話、古代ギリシャの赤裸々な愛の物語…この辺が言わば「奇書」の扱いで、逆に天動説への反論がいかになされたのか、古代ギリシャで先鋭的な議論がなされてきたという話、SFが実際の科学の発展にいかに貢献したのか、の3つが価値観の変遷の話と言えるだろう。どれも簡潔にまとめられており読みやすく興味深い話ばかり。紹介されていたいくつかの本は実際に読んでみたいと思います。面白かった。

約10時間前

Icon user placeholder0d3ceefa 52e0 4862 b03e 10de6f97da9055cc190f 5c7c 4703 935e 669ce2bb4c70
白銀の墟 玄の月 第四巻

白銀の墟 玄の月 第四巻

4c9cb141 43b5 4d20 9983 81d62faa8b61

キトキ

おもしろければ、ジャンル問わず、…

ページの残りが少なくなるにつれ、「あとこれだけしかページが残ってない」って思うようになり、最後の1ページを読み終わってすぐ「わああ、読み終わってしまった……!」ってなりました。 足りない!あと2冊くらい欲しい! 2020年に発売される短編集で、ちょっとでもいいので後日談というか、落ち着いた泰旗と驍宗の姿が見たいです。

1日前

3650ae01 f88a 4ef3 867f eaaf1488dc6739eb4ad8 9a07 4e2d b789 71e2cda45bc8851628fa 3a04 4a45 9f11 73c3df66fff6