51tzogz%2b7il

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。 働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。 目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。 世界で活躍する... 続き

コメント

「70代、80代まで働くようになれば、手持ちの知識に磨きをかけるだけでは最後まで生産性を保てない。時間を取って、学び直しとスキルの再習得に投資する必要がある。」

このことに気が付いてる人達の近くにいることが結構大事なんだよね

身近な、引退された皆様から感じた、恐怖に近い感覚、老後の『変化』について、これだ!と思わされた本です。
今はまだ、怖さしか感じていませんが、備えて生き方を変えて、長寿の恩恵を感じたいです。

この枠では言い表せないほど自分の考え方に影響を及ぼしそうだから別に書評残す

一生が100年の時代の生き方の参考書。これまでの常識では取り残されるという危機感が読み進めるとふつふつと湧いてくる。長寿の時代に恩恵を最大限に受けるためにお金、時間、交友など準備がなにもできていないことを気づかされる。意識してひとつずつ変化していこう。

長寿化により100年生きる人生が始まっている。これは人類が初めて出会う新しい時代である。本書は、長寿化を「恩恵」にするために考えなくてはならない、仕事(キャリアの作り方)、お金(資産の作り方、投資)、不確実性に対処する能力の育て方などが丁寧に解説されている。この本を早めに読んでおいて良かった。

行き着くところはお金ではない

100年生きることが当たり前になれば、自分も世界も今のままではよくないと思い知らされた。

難しい本ですが、なにかが掴めそうな感じ。

人生100年時代と言われると、老後の資金のことやいつまで働けばいいの?という不安が真っ先に浮かんだけど、目に見える資産と同じくらい、目に見えない資産(パートナーや友人との信頼関係や心身の健康など)が大事なことがよくわかりました。常に学び続けること、未来を見据えて、目に見える資産と目に見えない資産のバランスをとっていくことが大事。柔軟な働き方なども今の私たちがいろんな実験を経てより良い生き方を模索していくことが大切なんだなーと実感。

読者

9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd80bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774Icon user placeholder56e082a6 1fe9 4396 99d5 80370cdf3e449af5a9ff e1a6 4f2f bb4a 9751bf1f90b55c1a005e fed2 49ba 9c5e a0686e3da3f37488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb4f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffe 133人

リンダ・グラットンの本

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

世界的に著名な研究者との対談集となっています。 皆々専門分野は違いますが、彼らの見解からは巨視的な視点から世界を捉えていることが伺えました。 その中には、AIと人類の共存の可能性や人生100年計画など、今現在からすると想像しにくいトピックもありました。しかし、それと共に危機感を持って行動することは私達に出来る唯一のことなのかと感じました。

約1か月前

Icon user placeholder32b93878 8bf0 4087 8c42 2dceaf4bff5dIcon user placeholder