51tzogz%2b7il

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。 働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。 目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。 世界で活躍する... 続き

コメント

無形資産(知識、健康、友情etc)の大切さについて書かれた章は特にためになった。

大切なパートナーである夫にも読むことを薦めた一冊。

その他のコメント

「70代、80代まで働くようになれば、手持ちの知識に磨きをかけるだけでは最後まで生産性を保てない。時間を取って、学び直しとスキルの再習得に投資する必要がある。」

このことに気が付いてる人達の近くにいることが結構大事なんだよね

身近な、引退された皆様から感じた、恐怖に近い感覚、老後の『変化』について、これだ!と思わされた本です。
今はまだ、怖さしか感じていませんが、備えて生き方を変えて、長寿の恩恵を感じたいです。

読者

35287149 ae0f 4c76 959d 79f998db80a4630f18eb 9648 4c9e b07b 1f79de355c49Cb52a2ca af51 4f45 9431 e2e2f11d48e8Akiaivjyeuyp25rambwaF22b1178 af24 43ac a8a2 17f76953d971Icon user placeholderC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dIcon user placeholder 172人

リンダ・グラットンの本

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

世界的に著名な研究者との対談集となっています。 皆々専門分野は違いますが、彼らの見解からは巨視的な視点から世界を捉えていることが伺えました。 その中には、AIと人類の共存の可能性や人生100年計画など、今現在からすると想像しにくいトピックもありました。しかし、それと共に危機感を持って行動することは私達に出来る唯一のことなのかと感じました。

10か月前

F1e4dc23 167e 4f39 8e26 6b7568e2eb51B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23 11