61dcfipao2l

好奇心を刺激する、いま最もアクティブな台湾の旅ガイド、誕生! 通えば通うほど、台湾が好きになる、新感覚の旅のすすめ。 王道コースで終わらない、もう一歩踏... 続き

コメント

いま何かと気になる台湾。もう一歩踏み込んで、台湾を楽しむための「ローカルでディープな台湾情報」を知りたい方におすすめの1冊です。

読者

E7dfe7a1 cf8f 40e0 9c57 2a86b537ae7347e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62aD158eb88 2a9a 4a7c 8cb9 df4266e160640f57de70 272b 416d 9887 8654e83c61631de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f 5人

旅行

日本百低山―標高1500メートル以下の名山100プラス1

日本百低山―標高1500メートル以下の名山100プラス1

08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない…

深田久弥の百名山の向こうを張って、百低山。ちゃんとアクセスやコースタイムもあり、もちろんカラーのイラストもある。あ、明日は天気がいいみたいだな、特に用事もないし、山に行こうか。そんな気にさせてくれる。

4日前

本の未来を探す旅 台北

本の未来を探す旅 台北

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

現在進行形の台湾出版事情を理解する良書、「田園城市」ヴィンセント・チェンさんのインタビューは台湾出版界の流通形態がよくまとまっており、理想主義ではなく現実を見据え出版をまっとうな商売として成り立たせるべく積みあがるアイデアにこうゆうやり方もあるのかと膝を打つ。 「台湾の書店が取次を通して出版社から本を仕入れる場合、いちばん安くて本体価格の6.5掛け、普通は7掛けに、ほとんどの場合は5%の営業税がかかるのがスタンダードです。たとえば本体価格が1000円の本だとして、出版社の取り分は450円(45%)、取次は200~250円(20~25%)、書店は300~350円(30~35%)ですが、そこから割引をする分だけ書店の利益は減ります。 直取引の場合も、出版社は通常、書店に本体価格の65~70%で卸します。ただ誠品書店と博客來の2大販路は別格で、出版社は誠品には委託でおよそ55%、博客來には60%ほど(8割方が買取)で卸します。(それぞれ5%の営業税を含む)。」P.96 取次の取り分が20~25%とは! 先週話題となったアマゾンの買い切り問題も博客來の掛け率及び買取率が参考となるのか。

12日前

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7
緑あふれる自由都市 ポートランドへ 最新版

緑あふれる自由都市 ポートランドへ 最新版

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

アメリカ、ポートランド。 近々、旅行する予定もないし、今まで行ってみたいと思ったこともなかった。 図書館の新刊コーナーに置いてあるのが目に留まり、表紙がステキなので借りてみた。 緑あふれるpeacefulな街のようだ。 ザラ紙のページをめくっているうちに、いつか旅してみたいと思ってきた。

約2か月前