51r8qjjoqdl

コメント

何のために学ぶのかを理解することの重要性を理解した。

学びを目的とせず、あくまでも目標達成の為の手段とすることで、学びはより一層深まる。

その他のコメント

例えば会社の新人研修、例えば子供の育て方。
育つ側から育てる側になった今だからこそ読んでおきたい本だなと思いました。
とくにメタ認知を持たせることでケアレスミスを防げるというのは目からウロコでした。
作業責任を伴う業務をマネジメントする場合に作業チェックシートを導入することでリスク担保をしていたんですが、著者の言う通り、チェックシートの意味がなくなる瞬間というのはあります。
職人を育てることは業務の属人化につながると思いつつ、現状との乖離を見て見ぬふりしていたことに気付かされました。
いっそ職人を育てるプロセスを組織に組み込めばそれは属人的ではなくなるという希望すら生まれました。

読者

Icon user placeholderC7196a70 9f01 428a a032 76c78f37ffa1F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbfF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037967537af a3af 458a bbf4 62a7e6015c3a640242fa 6286 418c b594 2a6eb21e57cf2be04514 5531 4e5c 96e1 7505266a2141C5971471 370f 4931 a3dc 22087fcf51a2 14人

ビジネス

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

F22b1178 af24 43ac a8a2 17f76953d971

K@読書&サッカー

読書とサッカーが好きな大学生

【目的】 すぐやる人になるため。 行動を伴う思考力を身につけるため。 【感想】 「今」を大切にする。 →まず行動する(小さなことからでOK) →すべての成功の鍵は「行動」 「今」を集中する。 逆算、積み上げ思考の2way 環境を整える →意志力を使わない 計画↔分析のサイクル 期限を自分で設定する。 人間は感情の生物である →感情を受け入れ吐き出す。 自信を持っているように振る舞う →前向きな言葉を多く使う。 睡眠は次の日の始まりである →朝を大切にする →朝のルーティン(洗顔、音楽散歩、ストレッチ) 優先順位を決めて予定を立てる実行する。 意思×環境×感情(すぐやる方程式) とりあえずなんでもいいから行動してみよう。 そこから得られるものが必ずある。 それを分析することで次につなげることが出来る。 行動する際に意志力を使うのではなく、環境を整えることによって最初の障壁を低くする。 the secret of getting ahead is getting started

約3時間前

A0b14072 0ab3 456f a115 67312ad42c5f1b468ee9 81f6 4660 99c2 d83b740c5b557fe5b230 089d 499a 8d1c a39e96be2099 26
PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af6

Sue

本と絵が好き。

友人に薦められて借りた本。 挫折を乗り越えた人々のエピソードからは前を向く力を貰え、また、能力を発揮し成長するための法則の分析からはやり方のヒントを貰える。 個人的に納得できるポイントも多くて、折に触れて読み返したい本だったので、手元に欲しくなって自分でも買ってみました。

3日前

Icon user placeholderIcon user placeholder89c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5b