51uumsobtol

コメント

その他のコメント

人の願いを叶えようとする、人間性溢れる物語。噂から始まる行動だが、それが思わぬ結果に繋がっていく。それぞれの願いをどう叶えていくか、そこにも注目。
最後の数十ページではっきりする結末。「うわさ」を「現実」に、そして「うわさ」でおわる物語。

読者

2d0774c8 b7bf 4efa 97cc fb50581f0b19B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af583eff050 32dd 4764 8482 9d71ee053bc3C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985dD462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a9C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c 39人

本多孝好の本

WILL

WILL

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2

じゅんいち

ミステリとかエンタテインメントと…

事故で両親を喪い葬儀屋を継いだ女性。この主人公が魅力的。仏様には素直になれるのに幼なじみには素直になれず。でもラストには。

4か月前

Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

考えてみれば、これまでも人類は数々の試練を乗り越えてきたわけで、現代が最良の状態とは言えないまでも、少なくともこの地球上ではあらゆる種をさしおいて我が物顔に闊歩している。たぶん、大いなる勘違いをしながら。 そんな人類に警鐘を鳴らすかのように、人類に危機が迫る小説はいくつかある。ある時は、地球外生命の到来。ある時は、突然変異による新人類の登場。 この小説では、人間が作為的に人間を進化させ、人類のさらなる飛躍を画策する。そのようにして作られた人間(?)が与えられた超人的な能力で自らの運命に立ち向かう。

1年前

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

漫画は小説に近づき、小説は漫画に近づいたのだろうか?限りなくその境界線をなくしつつある。同じ出自を持つ二つの敵対グループのメンバーは、それぞれ特殊能力を持つ。「僕」という一人称で登場する主人公に肩入れしつつも、どちらにも戦うべき理由や事情があり、その正義と悪の境界線も曖昧になっていく。この先、どんな結末が待っているのか?

1年前

短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

1年前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder