61ryn8smzjl

編集長の巻頭挨拶-創刊に当って 二〇一六年を振り返る-世間知らずな森博嗣にもできる時事放談みたいな超絶企画 特集 「いつまでも子供でいたいなんて、どう?」...
続き

コメント

森博嗣が雑誌を作ったらコンセプト本。森博嗣の頭の中の探訪記。

その他のコメント

★★☆☆☆
森博嗣氏の思考と嗜好を雑誌風にまとめたエッセイ。
全体の流れとしては、所謂大人(一般読者)の視点に対する、あくまでロジカルな森氏自身の視点を、自作自演の対話として記すというものだったかと思います。
森博嗣ファンの方々には受けているようですが、森氏の小説のファンである私には、特別に惹かれるような内容ではありませんでした。

P75 「政治家だけではなく、人間は皆愚かですから、それが普通だと考えましょう。そんな馬鹿ばかりなのに、なんとか社会が回っている奇跡を密かに喜ぶ以外にありません」

読者

Icon user placeholderE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c61dad1a5 21f1 40df 80e8 d5035fade3a1A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f0e354e79 7832 447e b044 0e0ea7c3cd55Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c00200a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f 10人

森博嗣の本

悲観する力

悲観する力

116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6

matsuda

大学生です

自分が思っていたことを肯定してくれた。 楽観的すぎるのもいけないし、悲観的すぎるのもいけない。 楽観しながらも悲観する。 悲しむ方向ではなくて、マイナスを想定して準備する。

3か月前

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841

あめだま

好きな作家は森博嗣、村田沙耶香、…

このハードカバーを手に取った頃はまだ森博嗣作品を読み始めたばかりで、登場人物の名前がうまく自分の中に取り込めなくて途中で挫折してしまっていた。 Wシリーズに着手したころ、これが百年シリーズの後の話だと知った。なので完結まで読み終えたあと文庫本にて読み始めた。 Wシリーズを先に読んでいたことで、ピースのハマり方が逆に恐ろしかった。 (森博嗣作品の面白いところだと思うけど。) 綺麗に終わったので、続刊がどうなるのか楽しみ。

4か月前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 12