51lrytoei6l

コメント

疾走する青春。
変拍子する個たる多。
摩訶不思議でフィクション。
ニャンが主役でラビを卒業、ワンの出番はなし。

読者

2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

古川日出男の本

ミライミライ

ミライミライ

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

第二次大戦後ソ連に占領された北海道、抗ソ戦の記録と返還後の現代に生きる若者たちの成りあがり記と国際的な陰謀が平行に進み時に交わる。。函館でのフィールドレコーディングと抗ソ戦の記憶が交わるシーンはたまらなくスリリングであり物語のパーツがカチッとハマる快感。 「産土は、その歌がわかったというのでは全然ない。ただ、声、という上の句の一文字に目を奪われた。それは無声、という二文字のまとまりになっていて。無声とはすなわち沈黙だ、智慧のある産土にはわかった。十人の沈黙、それを、撚る、と理解につなげていった。撚る、とは何本かをねじりあわせて一本にすることだと、それも見通せた。と、途端にビジョンが視えた。撚るのか、と。つまり一つひとうの音じゃないのか、と。そうか…サンプリングした音源を、合わせる?合成?そうゆうこと?産土は瞬時に感得したことで、蒼褪めた。」P114 存在しない音(ニップノップ)を紙の上で鳴らす。

6か月前

Ba04bdee fbaf 4a6e 9a67 cfa92b2b96713b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 8
小説のデーモンたち

小説のデーモンたち

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P130 「読書」が、意識というものに一定の(しかし種々の)運動性をもたらす跳躍板と化すのが事実であるのならば、本は装置だ、そしてこの装置=本は純度だけを求めるのではない。暴走というランダムさが、その運動性の一部として「含まれて」いる。つまり一冊の本は、そのまま夾雑物なのだ。一冊の本はけっして多数の本ではないが、純粋な一冊ではありえない。一にして多ではない、一にして雑、これが本だ。 一にして雑。

10か月前

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa37cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad
平家物語

平家物語

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P10 私は平家物語が語り物だったという一点に賭けた。 その時代、琵琶法師たちがこの物語を語り広めていたのだ、という史実に、賭けた。 つまり読者とは聴衆だったのだ。 そして、だとしたらーー誰が今、この時代に語るのだ? その妥当性を、何者(たち)が持つのだ? 私は全身全霊でこの物語を訳した。 鎮魂は為せたと思う。 いきいきとした合戦は四巻めまで登場しないが、しかし、安心して繙いてもらいたい。

1年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34Ee4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f
小説の家

小説の家

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

約2年前