41ihadp067l

コメント

アメリカの開発の功罪を風景という角度からまとめた記録の写真集。特筆すべきは、ハンスグレメンのエディトリアルデザイン。欧文は和文よりシンプル、とはいえ、これだけ気持ちよくエッジの立った作品はしみじみ、本はいいなあと思ってしまう。本だからこそを追求した作品!

読者

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

新刊

動物農場

動物農場

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きです

別のバージョンで読んだことあるのですが、新訳版のおとぎばなし的な語り口が素敵だなあと思っていて、やっと買えました。おもしろかったです。 プロパガンダが見破られやすい世の中になったとはいえ、当時のイギリスの出版業界の話しなど読むと、ジャーナリズムのありかたは現代とそんなに変わってないように感じてしまいます。 本編ですが、動物たちが自ら知恵をつけたり行動せず、ブタに管理されるに甘んじてたのもよくないと思うのですが、もし勇気をもって行動したり反論しても、上流階級(ブタ)にもみ消されて終わるんですよね・・・力をつけても上が傾聴する気がまったくない場合、あまりに無力・・・うーん。 [追記]前読んだときの感想も同じようなこと書いてました。

21分前

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dCfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 23
セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと

セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと

51ede695 88fa 417c 8352 bc6500760dee

zfch 8888

近代歴史が好きです。

「ソ連」という短い時代が人々に与えた影響は計り知れない。人類の壮大な実験であったと言われる通り、ソ連を生きた人々と、ロシア連邦になってたから生まれた人々との間には、ハッキリとした違いが生じている。およそ70年で幕を閉じた国家が、これだけ人に、民族に、他国に、後世に影響するとは。 ソ連に暮らした人々の思いが、それぞれの視点から書かれており、読むのに少し疲れるけど、知らなかった世界を知れた良い本。

約2時間前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E307a527 ba80 42e7 8878 4ae4bfbe0d363a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045
生のみ生のままで 下

生のみ生のままで 下

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

ほんとの運命の相手ならたとえ離れ離れになっても また必ず出逢う どれだけ時間がかかっても そう思えたから逢衣は彼女と一旦離れたのに それが間違っていたのだろうか 病気になるほど彼女を追い詰めたのだろうか 彼女が逢衣の言葉を信じれたなら もう少し早く再会できたと思う 終わり良ければ全て良しだけど

約3時間前

5f865bca 5f17 4656 9eb0 7f6aecb879123a92ec66 f944 44e7 bc75 5404c146c37e5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7