61rdqkhxnrl

コメント

究極の愛は「罪の共有」。その人にも気づかれず、報われなくても、それぞれの"N"のために行動し、秘密を自分一人で抱えて生きる登場人物たちの意思の強さに惹かれた。

誰かのために
愛のために
大切に思う気持ちのために
かわいそうだと思って
自分よりも相手のことをしたくなって、

そんなことの
大小さまざまな積み重ね

そんなことの
大小さまざまなすれ違い

みんなが、自分が守りたい誰かのために、なにかのために、飲み込むことがある。

さすが、湊かなえさんの作品は素晴らしいです!
読み終えた瞬間、タイトルに込められた真意がー。

今まで読んだ中で5本の指に入る素敵な本。ドラマも好きだけど、本も好き(3/18 読了)

その一言が支えとなる。
その存在が支えとなる。
そんな関係が羨ましく、切ない。

湊かなえさんの作品は告白とこのNのために。二冊目の経験です。全体のストーリーのあとに、登場人物の各視点から感情溢れる過去の掘り起こし。

読み進めるたびに、あ〜そうやったんや…っていう発見がありました。

他が為じゃなく、ただ自分(N)の為に。

誰かを想い、そのために自分は何をできるのか。切なく暖かい気持ちになりました。

私にとっての究極の愛はなんだろう?
自分の為じゃなく、本当に
誰かを愛せているのかな。

ドラマも原作も両方おすすめです(*・v・*)/

先日、湊かなえさんの「Nのために」を読みました。

ちょっと前に、ドラマ化された原作ですね(ドラマは見てません)。

ちょっと前に読んだ、「少女」」よりも、「Nのために」のほうが、ミステリーらしい作品でした。

で、普通のミステリー小説って、前半の8割りくらいが、事件が起きて、その謎を追っていく展開で、最後の2割りが解決編で、伏線が回収されたり、どんでん返しがあったり、謎が解明されたりと、そういった構成になってることが多いと思うんですけど、「Nのために」はその逆で、前半の2割りで事件が起きて、そのあとの8割りがずーっと解決編、といった感じの構成なので、解決編が長くて、その辺は、読んでて、少しだれるかなあと思ったりしました(解決編は、事件に関わった人たちの、それぞれの視点で描かれて、同じシーンを繰り返したりするので・・・)。

究極の愛はすなわち罪の共有、なの。

湊さんっぽいようで湊さんっぽくないような作品。
いつものイヤミス的要素もありながらどことなく文学的だな、って思った。
あれ、西崎さんに毒されたかも…?笑
でも最後のどんでん返しは
やっぱり湊さん。

ドラマで見ていたので内容は知っていました。愛のカタチについての物語でした。

読者

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7E4487a42 3382 4fef b9f4 5eeb5eb2d9c29a7b0644 b066 442c 8a43 f5ce4f9461137f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351E678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26cBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd 114人

湊かなえの本

往復書簡

往復書簡

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

手紙のやり取りで進んでいくストーリー、あまり考えなくてもすらすら読めるので、美容室で一気に読みました。3作品掲載です。

12日前

25c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd45759886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
境遇

境遇

B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf

1546Strawberry

書店員やってます。小説描きます

映像化する前に読んでたから映像化は正直超ガッカリ。 湊かなえ作品で "良いな" って思った作品が正直ない。 それくらいかなえさんは素敵な作品を書かれる。 本当にすごい。 おどろおどろしい文章に毎回度肝を抜かれる。 でも、好き。 いつ、原作と同等の原作を超える影像が出来るのか、密かに期待してるけれど、やはり、私は、映像化アンチ。

約1か月前

2dc12b7e e93a 4eba 99ad 396fc536499c24c8818c fc21 4d95 ac91 f6c06572836eIcon user placeholder 32
ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

イヤミスの要素がたっぷり詰まった、湊かなえの短編集。 表題作「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」は、毒親をモチーフにした連作。 「ポイズンドーター」では、娘を支配し追い詰めていく母親とそれに苦しむ娘、という構図だったのが、「ホーリーマザー」では、娘を見守る優しい母親と、母を自殺に追い込む娘に反転する。 絶対的な悪が存在するのなら、それを憎めば済む話。でも、人間はそんなに単純ではない。悪人だと思った人も視点を変えれば善人となり得る。だからこそ、この物語は救いがない。 一つ違えばハッピーエンドになったかもしれないバッドエンドにモヤモヤするも、やっぱり湊かなえは面白い。

2か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79718bf580c 93cf 4731 8241 d61005c8423a3bf42a7d d387 4715 b7ae 7acdc4a65b2a 37
未来

未来

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減っ…

章ごとに別の視点から描かれているのでとても分かりやすいしすんなり読めるけれど相変わらず淡々と重く恐ろしい内容です。

2か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972dc12b7e e93a 4eba 99ad 396fc536499c328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a 74