41bpambckml

この世で最も素晴らしい幸福とは短い幸福であるということが、ビョーン・ハンセンには心の底でわかっていた。ノルウェイ文学界の最も刺激的な作家ソールスター。巧妙... 続き

コメント

その他のコメント

文章は明快なのに物語の筋は謎めいているという、独特な作風でした。ノルウェイの著名な作家で、邦訳としては初だそう。

実に不思議な小説。前衛的という言葉では足りない。かといってエキセントリックでもない。なんだかわからないんだけど、なんだかわからないままに読んでしまう。

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c90fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac4325184bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2410c923594 ad15 46aa a584 bae0d27eecebC45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50a825104de 01ff 4e63 a032 acce0d92d3b4F4a8d2f0 ba0c 41a1 9336 7c952a8c4772 23人

文芸

魚神

魚神

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

時間も場所も定かでない、遊女屋街くらいしか目立つもののないうらぶれた島。 拾われ、遊女として売られるために育てられる少女白亜と、彼女にそっくりな弟スケキヨ。 二人の過酷な運命を恐ろしく、そして美しく書き上げた作品。

約13時間前

1e79cffe 032f 4b3a a4d3 004d1dd31478Icon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd