61h1xfab2xl

コメント

タイトルどおりニューヨークで食に関わる様々な人たち〜有名シェフ、無名シェフ、
食肉卸業者、ウェイター、ウェイトレス、経営者、町の肉屋、デリの経営者、下処理専門シェフ、牡蠣の殻剥き担当などなど〜へのインタビューをまとめたもの。作者自身は食専門ライターというわけではなく、たまたまプライベートで聞いた話が面白かったのでいろんな伝手を辿ってインタビューしまくったということらしい。共通しているのは話を聞いた全員が私生活を犠牲にしてでも美味しいものを提供したい、楽しい時間を提供したい、という気持ちに溢れていることで、ネットで手軽に人気を煽ろうという者は一人もおらず感動的ですらあった。東京でも同じようなインタビュー集はできるだろうしある程度面白くなるだろうと思うのだけど、さすがニューヨークはそれぞれのバックグラウンドが幅広く、それこそナチの強制収容所を生き延びたユダヤ人の肉屋とか元は不正入国で着の身着のまま流れ着いた元不法移民とかその部分だけ読んでも面白い。作者が食のライターでないところも新鮮な切り口になっているような気がした。ライトなイメージの表紙だしたいして期待せずに手に取ってみたけどこれは何度か読み直したい作品。関係ないけどタイトルは原題の「food and the city」のままの方が良かったのでは、とちょっと思った。

普通の、一生懸命働いている人たちに、丁寧にスポットライトを当てたノンフィクション。ほっこり温かい気持ちになると同時に、自分も明日がんばろうと思わせてくれる一冊。

生き馬の目を抜くNYでは並外れたタフさとバイタリティが必要。そんなNYの食の世界を支える人々に焦点を当てたオーラルヒストリー。ホントいろんな人生がある。 空腹時注意。
そして皆さんこちらの調子が悪くなるぐらいの働きっぷりなので疲れているときの読むのも注意。

読者

65ca2451 a67f 49f4 a312 77de792d6c1eBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bC0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794PictureIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a 25人

ノンフィクション

脳と音楽

脳と音楽

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

脳の損傷した部分と失った音楽の能力(楽譜を読む、書く、歌う等)の関係を何例も紹介。ここがその部位ですと断言出来るほど脳は単純ではないけれど、関係箇所が広範囲な分、言語より残りやすいのかな?しかし、知らない曲が聞こえる幻聴と、曲を思い付く作曲の違いって本当に何だろう?

8日前