41uua 7hpul

彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と――人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今... 続き

コメント

時間軸をばらばらにして、もう一度組み立てられているような作品。個人的にサッカーが好きなので、PKの場面は臨場感があってよかったと思います。

久しぶりに伊坂幸太郎さんの本を読みました。初期の作品が好きだった私には今回の作品はまあまあでした。

1度目と2度目の読書で感じ方が変わる作品。

雰囲気が『フィッシュストーリー』に似ていると思ったら、
そのように企画されたモノらしい。

伊坂さんの小説は出版された順に読んでるんだけど、
たぶん初めてページを何回も戻って読んだ気がする(笑)

伊坂小説は巻末の解説に「なるほど」と思うことが多いけど、
今回ほど「なるほど」と思ったことはない!大森望さんありがとう!(笑)

これは映像化したら『BTTF』的おもしろさを持った作品になるんじゃなかろうか。

時間交差のパラレル的な感じが、もうたまらん!あっという間に読み終わる!

ほっこり。

これはもう一度読まないとわからない。。
付箋をしっかり掴んで、考えて、読むのが好きな人はすごくおもしろいと思う。ムムム

最後にスッキリ

独立していた短編を、つながりをもたせて1つにまとめたよーなもの。
エピソードはそれなりに面白いが、読んでよかった〜、とはあまりならない。

途中で時間をあけてしまって失敗でした。もう一度確かめに読み直します。

積んでた本、読了。

こういう組み立て方の小説、好きです。

3つの短編からなる作品。
でも、その3つのお話は繋がっていて、実は長編なのでした。
その3つのお話の繋がりが、わかりそうでわからなくてモヤモヤしたんだけど、解説を読んでやっと納得。
読後感がふわっとしてて、わたしにはちょっと難しかった~~。

「勇気は伝染する」という言葉が素敵。
少しの勇気を持って行動することが誰かを勇気づけて、そしてその誰かが、また他の誰かを勇気づける。
ちょっとした些細なできごとで世の中は変えられるのかもしれないと感じさせられたよ。

勇気を出せば みんなヒーローになれるってこと。
わたしも誰かのヒーローになれてたらいいなぁ。

読者

076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aa965757b6 50e2 418e 8b33 a8e9f7b5aff57654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1fCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 45人

伊坂幸太郎の本