41uua 7hpul

彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と――人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今... 続き

コメント

時間軸をばらばらにして、もう一度組み立てられているような作品。個人的にサッカーが好きなので、PKの場面は臨場感があってよかったと思います。

久しぶりに伊坂幸太郎さんの本を読みました。初期の作品が好きだった私には今回の作品はまあまあでした。

1度目と2度目の読書で感じ方が変わる作品。

雰囲気が『フィッシュストーリー』に似ていると思ったら、
そのように企画されたモノらしい。

伊坂さんの小説は出版された順に読んでるんだけど、
たぶん初めてページを何回も戻って読んだ気がする(笑)

伊坂小説は巻末の解説に「なるほど」と思うことが多いけど、
今回ほど「なるほど」と思ったことはない!大森望さんありがとう!(笑)

これは映像化したら『BTTF』的おもしろさを持った作品になるんじゃなかろうか。

時間交差のパラレル的な感じが、もうたまらん!あっという間に読み終わる!

ほっこり。

これはもう一度読まないとわからない。。
付箋をしっかり掴んで、考えて、読むのが好きな人はすごくおもしろいと思う。ムムム

最後にスッキリ

独立していた短編を、つながりをもたせて1つにまとめたよーなもの。
エピソードはそれなりに面白いが、読んでよかった〜、とはあまりならない。

何回も楽しめる本
パラレルワールドとかSF好きにおすすめしたい

途中で時間をあけてしまって失敗でした。もう一度確かめに読み直します。

積んでた本、読了。

こういう組み立て方の小説、好きです。

読者

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3829fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Icon user placeholderF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5 53人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

22日前

Icon user placeholderA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbc97ca4da4 a863 4a4c 9991 6c64b2952d1c 83
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

3か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d549 19