41uua 7hpul

彼は信じている。時を超えて、勇気は伝染する、と――人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今... 続き

コメント

3つの短編からなる作品。
でも、その3つのお話は繋がっていて、実は長編なのでした。
その3つのお話の繋がりが、わかりそうでわからなくてモヤモヤしたんだけど、解説を読んでやっと納得。
読後感がふわっとしてて、わたしにはちょっと難しかった~~。

「勇気は伝染する」という言葉が素敵。
少しの勇気を持って行動することが誰かを勇気づけて、そしてその誰かが、また他の誰かを勇気づける。
ちょっとした些細なできごとで世の中は変えられるのかもしれないと感じさせられたよ。

勇気を出せば みんなヒーローになれるってこと。
わたしも誰かのヒーローになれてたらいいなぁ。

その他のコメント

時間軸をばらばらにして、もう一度組み立てられているような作品。個人的にサッカーが好きなので、PKの場面は臨場感があってよかったと思います。

読者

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc59bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90 49人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

3日前

Icon user placeholderE5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c76451496851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 24
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

約2か月前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d549 19