51qk540623l

Q&A

幻冬舎 2004-06

2002年2月11日午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず-。質問と答え(Q&... 続き

コメント

最後まで読むと変な唸りがうまれる一冊。
報われないし救われませんが、こういうのが好きな人にはたまらないのでしょうね。

父が昔に買ってきて、実家本棚に眠ってた本。
オムニバス形式で、延々と対話をしていく。
一般的な小説のように登場人物の描写があるわけではないから、眠たくなることも所々あった。
区切まで読んだ後に、よく言葉にできない何かがでてくる。
ある意味ではとてもリアリティな一冊でした。

読者

97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd296afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce 5人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

24日前

Icon user placeholder8cadae10 e5fe 4997 bcba 969444a8154f197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d 13
劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

4か月前