51jy8zmmxnl

コメント

その他のコメント

強烈なインパクトの短編たち。安部公房特有の陰鬱さと軽快さが楽しめる作品。

いろんな切り口で人間というものを教えてくれる短編集です。

星新一と比べながら読みたい

読者

B7db26cc cd61 4692 a67a 480ac9f12f72Icon user placeholder53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Fb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb10370279284 b215 4791 8426 564dc09ca2c5Ef4960af ebb4 49c8 a244 db7643ea62acEd541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6b524898ac c4d5 484d ba25 9c9ab14c09f3 9人

安部公房の本

飢餓同盟

飢餓同盟

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

かつての温泉街花園を舞台に土着の支配者とひもじいと称されるよそ者が結成したアナーキスト同盟たる「飢餓同盟」戦後民主主義を象徴する「読書会」3すくみのわちゃわちゃした対立を哀しくもどこかユーモラスに描く。 招致された医師である森が町につくも一向に病院にたどり着くことができない阿部公房的な不条理たらい回しぐるぐる地獄や人間をいかなる機械よりも精密な機械と化してしまう!ドイツ製の怪しげな薬「ヘクザン」の実験台となった地下探査技師織木、飢餓同盟員に対し「たとえばソロバンを盗んでこい、財務部長らしくなるために、明日までに割り算の九九をおぼえろ。電球を三つ盗んでこい。将来キャラメル工場の煙突塗り替えるために、毎日電柱にのぼる練習をしろ。姉さんの指紋をとってこい。電気コンロを盗んでこい。そして昨日は姉からヴァイオリンを盗んでこいというわけだ」P185と無茶ぶりをするリーダーの花井(ヒロポン中毒)等々奇妙奇天烈な登場人物が繰り広げる人間喜劇。

6か月前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Ba04bdee fbaf 4a6e 9a67 cfa92b2b9671D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0
飛ぶ男

飛ぶ男

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。安部公房死後に見つかった未完成稿。まだ初稿とも呼べない、ラフスケッチのような状態なので、作品が出来上がる過程が見えて面白いです。

2年前