51vaavjx3al

クラシックも現代音楽も、流行歌もジャズもシャンソンも、 ジャンルを問わず音楽を聴くのが好きなイラストレーターが、 喜んでデザインしたレコードジャケット35... 続き

コメント

和田誠さんが手掛けたレコジャケ集。特に作曲家いずみたくさんのBLACKレーベルと和田さんのデザインの相性は凄まじい。

読者

4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc

和田誠の本

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

「自分を愛するというのは、自分にかまけることじゃなくて、自分に関してはもう安心なんだから放っておいていいや、という境地が貴いわけで、そのためには、やはり幼年時代は溢れるような愛情に包まれて育つのが望ましい。」

4か月前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50Icon user placeholder
スローターハウス5

スローターハウス5

F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録…

2017年の8月末日、北朝鮮の中距離弾道ミサイルが北海道上空を飛んで太平洋上に落下した。そのことによって今までにないくらい、戦争の気配が濃厚になったような気がする。911の時には対岸の火事のように見えていたそれも、いよいよ日本もまた戦争に巻き込まれそうになるんじゃないか、みたいな微かな不安がネット上で浮かび上がる。 - スローターハウス5は、ドレスデン爆撃を経験した著者の、フィクションとノンフィクションが交差し、「けいれん的時間旅行」によってそれを追体験する小説だ。解説に書かれていたが、今まで書いた小説の登場人物や世界観設定がそのまま引用されているらしい。 - 極めて著者に近いビリーという主人公が、戦前と戦中と戦後を行ったり来たりして、時に過去作の登場人物と会話し、過去作に出てきたトラルファマドール星にアブダクションされたりしながら、相互に影響を与えながら物語は進んでいく。 - 何かが死んだときに言う「そういうものだ」と言う決まり文句が、人間一人にはとうてい抱えきれない悲劇を経験したものにしか感じることのできない実感なのだろう。 - 空襲のシーンが動画の「巻き戻し」のようになり、爆弾が飛行機に収まっていくというシーンがとてもキレイで印象に残っている。

11か月前

Cb67cb2a 6ac0 4160 a424 0c5258b453d1Icon user placeholderE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 16
ポートレイト・イン・ジャズ

ポートレイト・イン・ジャズ

F1dab0ea 712f 48df 8b67 a669ab6f5365

IKAKun

ジャンル気にせず色々な本を読みま…

JAZZ好きの村上春樹さんが、26人のミュージシャンにエッセイを添えている。 JAZZを流して酒と一緒に眺めてるだけで、自宅がホテルのバーに変わるようだ。

約2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991772c80bb 38db 46d3 9cdd 83dcd0ebcdab