51sx7ceh4sl

三年間もセックスレスじゃなかったら-大人の恋愛と官能の世界。妻、母を生きる女が一線を越えるとき、そこにはどんな世界が待っているのか-。充実した毎日を送って... 続き

コメント

煽ってるほど淫らな話ではない。
もっともっと切ない。

以下、まとまらないので書き散らし。

*
島本理生は不安定な少女〜若い女性を描くイメージがあるので、大人の女性を書くとこうなるのね、って感じ。官能的なシーンは思ってるより多くは無かったけど、さすが。官能といっても文章が美しいのでむしろ純潔さすら感じた。

今までの島本作品のイメージカラーといえば、どちらかといえば青や白、銀色などの寒色なんだけど、本作は「Red」。タイトルからしてこれまでを覆すという、わくわくした。

ただ、共感できるかは真っ二つに分かれる気がする。たぶん性に重きを置いてない人にはまるで理解できないと思う。自分で感情のコントロールを取れるタイプの人たちにもわからないんじゃないかな。

島本理生が発売記念トークショーで「好きじゃないと女は寝ないと思っているのはファンタジー、男も女も変わらない」と淡々と語っていたのは、さすが、とも思ったし衝撃も受けた。

この主人公のバランス感覚の悪さなあ、、抑圧されていて、周りの期待に応える方が楽だから選ばずとも自然にそうしていて、自己肯定感が低い。だからこそ自分の選んだ人には心底陶酔するし、何されても裏切れない。そして本質的には本能的だから人の予測つかないところでとんでもないことをする。少しわかるものもある…かも。

ただ、小鷹さんにいっときでも惹かれたのは謎だった。確かに実際にいたら魅力的なのか?うーん。。完全にヤバい男だと思うけど。ここだけ、いまいち共感できなかった。でもラストの一緒に酒飲んで、助言してくれるシーンでは印象変わったかな。彼もちゃんと「人」だった。

最後、鞍田さんと結ばれなかったのは本当に悲しい…。あの夫と家族とやり直す決断をしたのは、今までの島本作品と違ってやはり母だからなんだろうな。翠ちゃんの「気づかないようなため息」が全てなんだろう。気づいてしまったから、我慢でもなんでもなく、それしか選択は無かった。
夫の身勝手っぷりには終始イライラしたけど、なんだかんだエピローグでは幸せそうだったから、生きていくとはこういうものなのでしょうか。

本の感想から少しズレるけど、翠ちゃんが昔は屈託無く天真爛漫だったのに今は年齢の割に大人びてクールっていうの、わかる。本当に人間って家庭環境を察知して人格形成されると思う。自分があれだった分、大体は人と接してるとなんとなくそのひとの家庭環境わかる…というのと、自分は本当に「家族」や育ちの良さ、というものにコンプレックスを感じているのだと嫌でも思い知らされて若干辛かった。(でもそんな環境だとハングリー精神 だけ は身につくんだよね…)

トークショー、ちゃんと読了してから臨みたかったな。。もったいなさすぎる…。自分の10月の忙殺っぷりが本当に悔やまれる、、

官能的な感じはしませんでした。
切ない物語だと。

半分まではなんだこの物語、と思っていたけど、最後にはステキな話だなと思えた。
幸せってなんだろねーって改めて感じた。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c4f1c8a 0e51 4e45 86b7 3b008b7c4036052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda0dc18c37 ba94 4a83 b5e8 898fcb98986eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b250287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47032d2dcc d6a7 4158 83e3 5d549e7d0b8e 15人

島本理生の本

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆4 「十代の頃みたいにはできないよ。好きになっただけで生きていける、て信じてたときみたいには」──若い時みたいにがむしゃらに人を好きにはなれない、そんなアラサー女子の、それぞれの恋愛模様。 人と人が出会って、お互いに好きになって、一緒にいて、同じ瞬間を過ごせるって、天文学的数字の確率なんだなあって思うと、すごいことだってあらためて思う。 椎名さんと知世がこの先も幸せでいられるようにって、願ってしまう。

9か月前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f04daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0 20