514jcq0cadl

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか? ●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話! ●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?  日本とナイキの意外... 続き

コメント

ナイキの創業者フィル・ナイトによる回想録。1962年、日本を訪れたナイトが、オニツカタイガーから50ドルで12足の靴を送ってもらうところから始まるナイキ設立の物語。自ら書かれていて、まだ戦争の焼け跡が残る60年前の東京が昨日のようです。

書評を見て購入。久しぶりに伝記を読み、色々考えさせられ、身にしみた。
しっかり勉強し続けよう。たくさん本を読もう。自信を持とう。

映画化待ったなし!面白すぎる。

ナイキ創業者フィル・ナイト氏の自伝。ナイキの前身、ブルーリボンカンパニーの創業から、ナイキが成功し上場するまでの物語。
自伝とはいっても、堅苦しい話や、自慢・教訓めいたところは一つもない。また、ナイト氏一人の成功物語でもない。

ナイト氏は物語の主人公ではあるが、完全無欠とは程遠い。少年時代、野球が上手くなくチームに入れてもらえなかったコンプレックスから陸上を始めるものの、こちらでも然程優秀な成績は残せずに、大学卒業後、人生の意味に悩んでいた氏が、一念発起し当時一般的ではなかった運動靴を輸入販売するという挑戦に踏み出すところから物語は始まる。

彼が一人で始めた冒険に、鬼コーチの共同創業者兼天才的靴デザイナー、手紙魔の正社員1号、事故で走れなくなった元陸上選手など、個性的な仲間たちが加わっていく。皆で力を合わせて会社に絶え間なく降りかかるピンチを乗り越え、時に失敗しながらも成功していくストーリーは、まさに友情・努力・勝利の少年漫画の王道そのものであり、エンターテイメントとして成立している。

物語の中で日本企業と日本人が大きな存在感を放っていることも見逃せない。そもそもブルーリボンカンパニーは日本のオニツカ(現、アシックス)の代理店として始まるし、会社が資金繰りに失敗しそうになる時、総合商社の日商岩井(現、双日)が重要な役割を演じる。両社の日本人ビジネスマンが時にサポーターとして、時に敵として登場し、高度成長期に世界に活躍の場を広げる当時の日本の勢いを感じさせる。ナイト氏が東洋の文化に深く共感し、日本を敬愛している点も、日本人として誇らしく感じた。

映画化すればきっと面白いだろうし、是非観てみたい。ただ、アシックスの協力が得られるかどうかには一抹の不安がある。

ナイキは日本企業と戦い、日本企業に助けられ、様々な障害を克服して現在のトップ企業に登りつめた。その原動力はとにかく靴作りに全てを注ぐ偏愛。世間の評価は少し過大に感じました。個人評価75点です。

読者

B59460ca f3a9 415c bb3e 0d0e7832ee84306a88ac f6f7 4b4e b4fe c2c482838b8a94196ef9 9990 4581 9f84 67add8851a63Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cdIcon user placeholderIcon user placeholder76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0 105人

ビジネス

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごい時間術 どんなに忙しくても時間内に結果を出す仕組み

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごい時間術 どんなに忙しくても時間内に結果を出す仕組み

94196ef9 9990 4581 9f84 67add8851a63

SAtO.a 35歳

埼玉の中小企業で板挟ってる中間管…

序章の「孫社長は如何に○○だった!」という、別の書籍でも語ったエピソードと、取ってつけたまとめ。これが序章で、240ページ中80ページという1/3を費やしてまで伝えるべき事なのか果たして疑問。 正直、ここで心折れて、9/18現在おやすみ中。

約2時間前

はじめてでも高く売れる 不動産売却40のキホン

はじめてでも高く売れる 不動産売却40のキホン

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

商業ビルとか、複雑な境界を持つ土地、貸借人のいるマンションなど、やや難易度高そうな物件を持っている人には、役に立ちそうだけど、手持ちのマンションを売りたい、相続した実家の一軒家を売りたいくらいの人だとここまでのテクニックはいらないかも。 とはいえ、不動産の売買は、売る直前になってその価値を知るのでは遅く、売る前からその価値、弱みを理解して対策を取ってから売るべきだよという主張はまさにその通り。 不動産業界の売り手と買い手の情報格差、経験値の差は絶望的なものがあるだけに、時間と手間をかけて慎重に対応していくべきなのだろう。

約14時間前

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ

5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b

masa

こんにちは!読書大好き人間のma…

大東亜戦争に敗北した原因に切り込んだ名著を更に簡潔にまとめた一冊である。 ノモハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦の6つの失敗した作戦から本質を捉える。 ☆ポイント3つ 1.戦略性 2.イノベーション 3.リーダーシップ 政治家も企業の経営者も、その本質を理解し、はっきりした方針を示せたなら、閉塞感を打開するカギとなるか...

1日前

6ff329f9 13e0 4dee 836a a5ef20a1de8d2492fa89 2188 41ae 89bc b255045671caIcon user placeholder 10
自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120

Ayamura

本は通勤の友

仕事をするのにたくさんのヒントが書いてある。 厳しいが、そばにちゃんと人を見て的確なアドバイスをくれる上司がいる環境も羨ましく思いながらも、 そういう上司のアドバイスを素直に受け、アドバイスをもらえる仕事ぶりをしたいに違いない石井さんはすごいなと思った。 文章も的確でわかりやすい。 こういう題名の本て、章のタイトルは、答えを知りたい!!て思わせるのに、読むとなんかはぐらかされた感じなものが多い。 でも、できるかできないかは別にして、抽象的ではなく、具体的に、石井さんがどうしたかが書いてある。 すべてメモしておきたくなる本。

1日前

C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Icon user placeholderBd67c8bb b822 409e bc47 ec1411c5852a 10