514jcq0cadl

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか? ●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話! ●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?  日本とナイキの意外... 続き

コメント

ナイキの創業者フィル・ナイトによる回想録。1962年、日本を訪れたナイトが、オニツカタイガーから50ドルで12足の靴を送ってもらうところから始まるナイキ設立の物語。自ら書かれていて、まだ戦争の焼け跡が残る60年前の東京が昨日のようです。

ナイキというブランドが好きでこの本読んだ。この本を読んでナイキがさらに好きになった。
今では当たり前になったナイキブランドが一人の若者を中心に個性豊かなメンバーとともに苦難に立ち向かいながら成長していく姿に胸を打たれた。
また真のリーダーシップとはなにか周りの人たちが最大限能力を発揮できるようにするためにどうすればよいのか、そういうことを考えさせられる作品でした。

書評を見て購入。久しぶりに伝記を読み、色々考えさせられ、身にしみた。
しっかり勉強し続けよう。たくさん本を読もう。自信を持とう。

映画化待ったなし!面白すぎる。

ナイキ創業者フィル・ナイト氏の自伝。ナイキの前身、ブルーリボンカンパニーの創業から、ナイキが成功し上場するまでの物語。
自伝とはいっても、堅苦しい話や、自慢・教訓めいたところは一つもない。また、ナイト氏一人の成功物語でもない。

ナイト氏は物語の主人公ではあるが、完全無欠とは程遠い。少年時代、野球が上手くなくチームに入れてもらえなかったコンプレックスから陸上を始めるものの、こちらでも然程優秀な成績は残せずに、大学卒業後、人生の意味に悩んでいた氏が、一念発起し当時一般的ではなかった運動靴を輸入販売するという挑戦に踏み出すところから物語は始まる。

彼が一人で始めた冒険に、鬼コーチの共同創業者兼天才的靴デザイナー、手紙魔の正社員1号、事故で走れなくなった元陸上選手など、個性的な仲間たちが加わっていく。皆で力を合わせて会社に絶え間なく降りかかるピンチを乗り越え、時に失敗しながらも成功していくストーリーは、まさに友情・努力・勝利の少年漫画の王道そのものであり、エンターテイメントとして成立している。

物語の中で日本企業と日本人が大きな存在感を放っていることも見逃せない。そもそもブルーリボンカンパニーは日本のオニツカ(現、アシックス)の代理店として始まるし、会社が資金繰りに失敗しそうになる時、総合商社の日商岩井(現、双日)が重要な役割を演じる。両社の日本人ビジネスマンが時にサポーターとして、時に敵として登場し、高度成長期に世界に活躍の場を広げる当時の日本の勢いを感じさせる。ナイト氏が東洋の文化に深く共感し、日本を敬愛している点も、日本人として誇らしく感じた。

映画化すればきっと面白いだろうし、是非観てみたい。ただ、アシックスの協力が得られるかどうかには一抹の不安がある。

NIKEかっけえ大好き。
あんだけすごい会社を作った人の苦労。
血と涙と汗。時に笑いあり。
とにかく、すごいフォルナイト。
一瞬でファンになった。
これからもNIKEを愛し続ける。

ナイキは日本企業と戦い、日本企業に助けられ、様々な障害を克服して現在のトップ企業に登りつめた。その原動力はとにかく靴作りに全てを注ぐ偏愛。世間の評価は少し過大に感じました。個人評価75点です。

職業作家ではない分少しだらつく部分があるが、1960年代から現代に至るまでのアメリカ国内、世界のビジネス環境を含めたナイキの起源が分かる書物
“dont tell people how to do things, tell them what to do and let them surprise you with their results” “ I let them be, let them do, let them make their own mistakes, because thats how I’d always liked people to treat me” “”its just business”. its never just business. it never will be. if it ever does become just business, that will mean that business is very bad."

2018/12/25読了
こんなにも情熱を持って、仕事を出来るだろうか?と自問した。いつ破産しても不思議じゃないかのような、ギリギリのリスクを背負いながら、会社の成長に全てを賭けるような経営をする人が、良い経営者と言っていのかもわからない(銀行にとっては絶対に融資したくないだろう)家族もきっと振り回されて大変なことも多かったはず。でも、フィル・ナイトはやってのけた。
運と人、そして時代に恵まれたという人もいるかも知れないけど、やっぱり並外れて情熱があったからなんだろうなぁ。若い頃、会社を設立してから上場までの話がほとんどで、本格的に大成功してからのナイキの話はほぼ出てこない。あと、オニツカにはオニツカ側の言い分もあるだろうから、そっちもちょっと日本人としては気になったり。

読者

F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1cD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholderIcon user placeholderC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dIcon user placeholder 150人

ビジネス

すごい叱り方

すごい叱り方

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

叱り方に悩みがあったので読んでみたが、知りたい内容がピッタリだった。シチュエーション別に例があるので分かり易かった。 大声や威圧的に言うのではなく、対話が叱るコツなのだと理解出来た。

6日前