514jcq0cadl

●世界最強のブランドはいかにして生まれたか? ●創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話! ●日本がナイキを創り、日本がナイキを救った!?  日本とナイキの意外... 続き

コメント

職業作家ではない分少しだらつく部分があるが、1960年代から現代に至るまでのアメリカ国内、世界のビジネス環境を含めたナイキの起源が分かる書物
“dont tell people how to do things, tell them what to do and let them surprise you with their results” “ I let them be, let them do, let them make their own mistakes, because thats how I’d always liked people to treat me” “”its just business”. its never just business. it never will be. if it ever does become just business, that will mean that business is very bad."

その他のコメント

ナイキの創業者フィル・ナイトによる回想録。1962年、日本を訪れたナイトが、オニツカタイガーから50ドルで12足の靴を送ってもらうところから始まるナイキ設立の物語。自ら書かれていて、まだ戦争の焼け跡が残る60年前の東京が昨日のようです。

ナイキというブランドが好きでこの本読んだ。この本を読んでナイキがさらに好きになった。
今では当たり前になったナイキブランドが一人の若者を中心に個性豊かなメンバーとともに苦難に立ち向かいながら成長していく姿に胸を打たれた。
また真のリーダーシップとはなにか周りの人たちが最大限能力を発揮できるようにするためにどうすればよいのか、そういうことを考えさせられる作品でした。

読者

F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1cD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholderIcon user placeholderC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dIcon user placeholder 150人

ビジネス