416b2s6cqvl

コメント

ジェットダイスケって、実はすごく全うなことを言うまともな人であることが、ちゃんと出た良書。タイトルに騙されちゃダメよw

いろんな生き方があっていいなと思い始めた中で、YouTubeで動画を投稿して稼ぐとはどういうことかってことを見てみようと思って読んだ本。とはいってもYouTubeのことだけじゃなくて、動画投稿サイトができるまでの世の流れも少しわかる。
今後動画投稿についてやってみようという時のヒントにもなる。

今後の商品販売戦略としてYouTubeなどの活用ということを言及する箇所があったものの、『ウェブはバカと暇人のもの〜』で感じたとおり、それはまだ先かなという印象をもった。なんだかんだでテレビが強いんじゃないかな。

読者

7d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a3197

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

7日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a