61 ppfsbnul

コメント

岐阜から買いはじめたd design travel、今号ではなんと地元埼玉県が取り上げられるとのことで、もうこれは買いだと書店に走った。キーポイントに『なにもない』というテーマが掲げられているけど、地元民としてはそれが誇りであるけど『なにかある』から面白いのだと思う。自分の地元になるが、田舎っぺうどんはコシも強く、冷たくして食えば大変噛み応えもあって美味しいうどんになる。また、熊谷の八木橋百貨店も地方デパートながら、ここにしかないデパートで、最近はネット設備にコンセント充電の付いた休憩所ができた。夏暑く冬寒い埼玉県ながら、探せばある、ってことが地元民ながらの感想としたい。

読者

995cf149 14e7 49bf bd47 a80e3e976cf378c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedE39775de 6854 4c53 8e59 adeea89a54cc 3人

D&DEPARTMENT PROJECTの本

51nvaptrw0l
E39775de 6854 4c53 8e59 adeea89a54cc

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

岐阜号に引き続き、愛知号も買った。当初は買う予定がなかった。三重県号まで待とうと思ったけれど、ここ最近コメダ珈琲店に入ったことが影響する。カフェだった割にはたらふく食えたなぁって。そして本誌ではコメダこそは出なかったけれど、名古屋の古い喫茶店が日本風喫茶店のデザインって気付かされたのだ。 愛着ある名古屋のデザインは気づかぬうちにうずくまる銘品が多い。トヨタの自動車は日本を代表するデザインなれど、日本を、世界を走っているから気づかない。でも、再発見して出かけてみたいって思う一冊になった。 今後興味ある県は、少しづつ揃えてみようかな?

9か月前

51qmnxlr 8l
E39775de 6854 4c53 8e59 adeea89a54cc

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

d design Travelが置かれてる渋谷ヒカリエのd8はよく憧れて遊びに行く。そこで、幾度も他県の本を読んだのだが、岐阜県特集はよく飛騨高山に遊びに行っていたこともあって、心待ちにしていた。飛騨地域にとどまらず、美濃地域もでてきているが、このコンセプトは地元の産物デザインにとどまらず、インフラや人の営みもまたデザインに考えて紹介してる点だと思う。この旅において刺激されるイノベーションは本当に凄いものだと感服。岐阜にどどまらず、興味ある県ならどんどん読んでいきたいと思った。

約1年前

519e8vj ral
42d1eb3a c3c0 4cf2 8246 d046e5971bcb

ミック G

雑食読み。

各地方の問題から生まれた製品について、問題点と解決法、製品がわかりやすく解説されている。展示会で見て製品に興味があったので、カタログ的に見るのと製品誕生の話が知れて良かった。

約2年前