Btn appstore Btn googleplay
41cpmgurtxl

〈ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞受賞〉母さんがぼくにつくる折り紙は、みな命を持って動いていた……。史上初の三冠を受賞した表題作など全15篇を収... 続き

コメント

泣きながら、少しずつ、読んでいる。ケン・リュウはお話を書くために生まれてきた人。まだ5月だけれど、今年の一冊はこれで決まりでいいと思う。

本屋さんでぱらぱらとページを繰ってたらつかまってしまった。立ち読みしてて涙が止まらなくなるとか全く恥ずかしいったら。
作者が11歳まで住んでいた中国と家族と移住したアメリカ。
ハーバードを出てIT企業に勤め、その後弁護士となり特許訴訟に携わるようになった職歴と。
収録された作品には、そんな彼の文化的・政治的・技術的な経歴が驚くほどバランスよく融合されている。
そして、どの作品にも人としての愛とどうしようもない哀しみがあるんだよなあ。
母心を揺さぶる表題作、日本人が主人公の「もののあはれ」などどれも多彩な景色を見せてくれる物語だった。

SF王道もあり、ファンタジーありでバラエティたっぷりかつそれぞれの完成度がめちゃ高いっていう幸せな読書体験ができる本です

奇怪で懐かしい架空の未来。日本人の皮膚感覚のとても近い所にくるディテール。どれも味わいある短編集だが、海底トンネルの話は、日本とアジアの近代史の地層を描きつつ、びっくりするような視座の転換が、読む人を「自国史」の外に連れていってくれる。そこを生きるしかなかった人間の悲しみと、その肯定とともに。

時間も国境も時空もを飛び越えて旅をした。読み終わるのが勿体無いと思いながら読了。とっても好きな一冊になりました。SFファンでなくても楽しめるはず。

どれもこれも、一見かわいたような硬質の表現(SFの醍醐味!)の内側におだやかな熱と湿度をもち、書かれないことで語られる無限の間と思いをもって、読んでいるわたしをのみこむ。脳の使用可能領域を心地良く拡げられる感覚。

タイトルに惹かれて購入。期待を裏切らない短編集。最後に載っている「良い狩りを」の読後感を抱えたままに表題作を読み直すと泣ける!ケン•リュウ、覚えておこう。期待の新鋭SF作家だ。邦訳が出るたびに買い求めたい。

これってSFなんすかね?表紙のイラストって羊と鋼の森の表紙と同じ?

この本を読み終えてからすぐに、広告を正方形に千切って鶴を折ってみた。文字にもことばにもならない気持ちは行き場が無く、やはり鶴にもおさまらなかった。最後のページに挟んで本棚に立てた。

普段SFは全く読まないがタイトルが気になり購入。
どの作品も面白いがやはり合わないなと実感。

読者

Icon user placeholder39be70d8 2b89 477f 8865 27a8eda80b1a028543f5 3565 48d9 aaae a29c99e3df03453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder21d4fd24 5544 4d9e 8717 5b812d38b618 32人

ケン・リュウの本

月の光 現代中国SFアンソロジー

月の光 現代中国SFアンソロジー

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

中国SFの傑作アンソロジーとのこと。『三体』や『荒潮』の作者の短編が収録されています。私見としては、華文ミステリーほど、華文SFの衝撃は無かったかな。 ※『三体』は未読です。

26日前

もののあはれ

もののあはれ

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

紙の動物園からの流れで読みました。 とても不思議な感じのSF。 「良い狩りを」がとっても良かった。

1年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b4330121380 741d 45f4 954d 83501dd7d4b7F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604 21
紙の動物園

紙の動物園

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

いいね。気に入った。 彼の作品をもっと読んで見たい。 結縄は気に入った。

約2年前

Icon user placeholder6cda0e24 d90e 4b64 b76e 4b40731407e2D46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0fa 38
スタートボタンを押してください

スタートボタンを押してください

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

ゲームにまつわる12の作品が収められたSF短編集。 ケン・リュウ(「紙の動物園」など)や桜坂洋(「All YouNeed Is Kill」など)、アンディ・ウィアー(「火星の人」など)といった有名どころの作品は当然ながら、本邦ではあまり知られていない作家の作品もどれも個性的で魅力的だ。 これはお得感ある。 私にとってSFはどれも、現実にはあり得ないという前提からか、どこかせつなさを感じる物語で「お気に入り」の物差しもせつなさの質と量が基準になる。 その基準に従って、上記の3人の作品以外でいくつか本書から挙げてみると、 「1アップ」 「猫の王権」 「キャラクター選択」(一時期私もこういうマイルールでゲームをプレイしてました!) 「アンダのゲーム」 かしら。 ゲームにまつわるとは言ってもビデオゲームばかりでなく、どの作品で取り上げられるゲームも千差万別、荒唐無稽な設定で難解なルールもあったり、そのもどかしさがまた面白い。

約2年前

Icon user placeholder84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869 32