Btn appstore Btn googleplay
41ezvryyi7l

死んだほうがいい。死にたくない。生き残る-。"天国への階段"をシンボルとするマルドゥック市。ある夜、少女娼婦ルーン=バロットは、賭博師シェルの奸計により爆... 続き

コメント

SFの世界観に圧倒され序盤は置いてけぼりをくらいました。
すぐに慣れると思います。
クライマックスからグイグイ引き込まれました。

読者

092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f92b6dfe54 ec70 41a1 9056 5f18131a938e

冲方丁の本

戦の国

戦の国

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2020/10/01 読了 D・E・ウェストレイクの『骨まで盗んで』が、登録できないので、次の本を。 『決戦』シリーズの作品を年代順に並べ替えたものです。「『道』という視点で」と帯にはあるが、戦いを求める武士の姿を見たような気がする。 明智光秀の『純白き鬼札』は、面白い解釈。

約2か月前