Btn appstore Btn googleplay
51bgewknhol

探偵・杉村三郎シリーズ、待望の第4弾! その部屋には、絶望が住んでいた――。 宮部ファン待望の14か月ぶりの現代ミステリー。特に人気の「杉村三郎... 続き

コメント

大きすぎる今多コンツェルンの傘から離れて前3作よりも主人公が軽快で若々しくなった。

短編集
杉村三郎シリーズ、巻き込まれ体質
受け止めて探偵業
華麗じゃないところがステキ

切なくなる話が多いけど、面白いです。話に引き込まれて、一気に読んでしまいました。

前作の衝撃の結末のその後の杉村三郎をえがいた4本の短編集。砂男が一番面白かったと思います。

今までは、私立探偵杉村三郎が誕生するまでの序章だったのであれば、今後の作品が非常に楽しみです。

安定の面白さでした。

探偵ものだが、親切であることが功を奏すところが他と違って少し嬉しくなる

杉村三郎シリーズなんですね。知らずに読んだ。
太い本でしたが、飽きることなく読み進められました。他のシリーズも読んでみたいと思いました。

杉村三郎シリーズ。
やっぱりおもしろい。

面白かったー。
意味がわかったときのすっきり感がたまりません。

前作衝撃的に離婚した三郎さん。
心配していました。
紆余曲折を経て、貧乏探偵として頑張ってる姿を拝見して安心。
一生懸命なんですが、あまりわからない。笑

4つの事件に関わっていきます。最初はフンワリミステリーから話は進みます。生死が関わってくると、思わず眉間にシワがよる悲しい展開になっていくので、「どうにかならなかったのか!」と思わず声が出てしまいました。

読者

PictureIcon user placeholderBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8dB25pro1z normal6abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8E340cffe e23d 4aac 974c ed834c86211b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 37人

宮部みゆきの本

さよならの儀式

さよならの儀式

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

宮部さんのネタ帳。 SFって久しぶりで倫理観を突きつけてくる。 どのキレもさすが!

約1か月前

Ff3afbab 83dd 4b22 a06f 13ff667288ad372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e964973475 f5f0 492d beba ab9ccb7651a6 12
きたきた捕物帖

きたきた捕物帖

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

「聡いねえ」と北一はおかみさんに言われる。 実は、さとい子であることは、少ないけど 人の世話を焼き、人をつなぐことが身を立てて行く。 今後の話しも楽しみだ

約2か月前

73d99f98 9464 40fd bea4 3b44b4998cb5Icon user placeholderBbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37
名もなき毒

名もなき毒

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d

にじます

目標月5冊

その人にとっての「毒」は形も効果も違う。 杉村三郎の羨ましい存在自体が、毒にもなれば 抜け出せない生い立ちから今の環境もまた、毒で。 人を殺すには、毒の形はさまざまなんですね。

4か月前

042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9Icon user placeholder6f14bb9b 2bee 4a42 a0c1 1798b49705ea 9