Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51zxqgpjihl

自ら選んだ人生の結末が目の前に迫ったとき、忘れかけていた生の実感と死の恐怖が、人々を襲う。〈生存制限法〉により、百年目の死に向き合うことになった日本人の選... 続き

コメント

人は長生きしたい。永遠の若さを手に入れたいと願ったりするわけだけれど、じゃあ、永遠って一体いつまでを考えていますか?っていうこと。具体的に考えさせられると、本当に困るんだろうな。何年生きたら終わりにしていいですか?今の若さのまま、何年過ごしたら満足だと思いますか?全く想像もつかない。案外30年くらいでつかれるかもしれないし、100年頑張っても、やっぱりもうちょっと
もうちょっとってジタバタ死にたくないと思うのかもしれない。

下巻もスゴすぎた。。。もう言葉にならない。ちょっと放心状態。。。完璧なストーリー、完璧な脚本。伏線の回収とか生意気なこと言ってごめんなさい。。。

いつまでも若くありたい。誰しもそう思うことはある。

しかしその永遠の若さの先に本当に幸せはあるのだろうか、幸せとはただただ満たされていくことなのだろうか、今の私達は目先のことだけを考えているだけで良いのだろうか。

歳をとるということ、今自分が何を、すべきなのかと考えさせられた。

今の日本の現状とまったく違うと言いきれない。避けられない現実を未来のためにどうするべきなのか一人ひとりが考えて行くべきなのだと思う。

飛びつきたくなる気持ちはわかる。でも、それを持つべきでないとおもうし、人間の精神力もそこまで持たないとおもう。

後半からの盛り上がりは一気読みせざるを得ない

死ぬこと と 生き続けること
どっちが正解ななんだろう。
わたしは時がきたら死にたい
と思った。

永遠の生と、真逆であるはずの死は紙一重の差しかなく、HAVIを受けた人が途方に暮れてる感じ
が、現代の物で溢れてる世の中と被って見えました。
死を恐れる弱さこそ文明をここまで発展させてきた原動力でもあります。

大きな責任を伴う決断を迫られたときは、感情論や精神論や希望的観測を排して臨むのが正当な対し方です。

未来のことを考えるのか今のことを考えるのか、物語の中で選挙が出てきますが、私達の未来も考える一冊です。

久しぶりにこの量を短期間で読み終えてしまった。それくらい引き込まれて現実との境がわからなくなった。

下巻に入ってからは、自分も本気で百年法について考えたw

SFというか、生死論教典というか、話の織り方は絶妙、エンディングはちょっと手を抜いた感‥

読者

D211cd5d 2f99 43ff ab3c 923b28b2adf1F98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed8C3e6a38d d5af 41b7 9793 6199c31fbc63535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aD9d323a6 513c 444d 8019 e13a5f028f1d3dc41be6 cfa7 4c0a be39 dadc2443cc40 27人

山田宗樹の本

さむけ

さむけ

4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

柿川清修

Blog

有名作家9人によるホラーアンソロジー。 内容は幻想的なものから猟奇的なもの、サスペンス等々……読み応えある短編集でした。 本当は怪談を期待していたのですが、裏切られつつも楽しめて良かったです。笑

2か月前

Babe3353 2646 4d08 951e bd10673d79a3D25f159d 29c5 42ef 8421 d7b2825f32ec742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7
ギフテッド

ギフテッド

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

超能力のある人間とそうでない人間は、殺し合うのか、共存できるのか。構成がさすがで、ぐいぐい読ませる。ただ、ラストの尻すぼみ感は残念。

1年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d315eb74e 41dd 4a71 8752 2053864d7c4bB44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
代体

代体

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

百年法と同じ匂いがしたので、文庫を我慢できずにハードカバーで購入。百年法よりも壮大なコトを描いてるのだけれども、逆に人の意識がテーマのため難解な部分も。百年法には敵わないけど、それなりに楽しめました。

1年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3
嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生

6aed883f bd64 485d 86ba c0b50412f886

みやこのこ

京都で読書生活

嫌われ松子…嫌われていたというより、女として様々な不幸に見舞われた、といことやと思う。神様の意地悪!と叫びたくなるような、松子の人生。辛いんだけども、なんだか爽やかな読後感。

約2年前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fB366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d35dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f