51nx2p%2bqmll

発行元から

「惟任(光秀)ご謀反」-。安土城で知らせを聞いた太田牛一は、生前の信長の密命に従うべく、5つの木箱とともに西へ向かう。が、佐久間軍に捕えられ能登の小屋に幽閉されてしまう。10カ月後、天下統一を目前に控えた秀吉から伝記執筆を条件に解放された牛一は、天満に小さな隠居所を構え、信長暗殺の謎を追うのだった。

加藤廣の本

求天記―宮本武蔵正伝

求天記―宮本武蔵正伝

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

武蔵の小次郎との戦いの後の物語。 でも、やっぱり小次郎までが面白いね。 フィクションとしてどうかな? 本物は、ちょっと違ったと思う。

4年前

利休の闇

利休の闇

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

利休にとって何が闇だったのか? むしろ秀吉の闇ではないかなぁ ちょっと物足りない気がした。

4年前

水軍遙かなり 下

水軍遙かなり 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼守隆の生涯を描いた作品。 爽やかな青年が成長と共に苦悩していく、晩年の覇気の無さは寂しい。

4年前

水軍遙かなり 上

水軍遙かなり 上

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

九鬼水軍の話ですが‥ 主人公がやけに優秀すぎて現実感に欠けるが、海賊物は何故かワクワクする。

4年前