Btn appstore Btn googleplay
51c7jxzf81l

列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰... 続き

コメント

蒼穹の昴から続くシリーズで、こうも書き方や視点が変わると、雰囲気が変わるのかと驚かされました。芥川龍之介さんの『藪の中』風でありながら、浅田次郎さんの人間愛があふれる一冊です。
そして僕は『中原の虹』へと誘われるのであります。

読者

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef2281d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c7490a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 9人

浅田次郎の本

パリわずらい 江戸わずらい

パリわずらい 江戸わずらい

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川

よろしくお願いします。

東京育ちの浅田次郎さんらしい軽妙な語り口のエッセイ。確かに2,000円札がご当地の都道府県の偉人が肖像だったら盛り上がっただろうなあ‥という気軽に気分転換にという一冊です。

約1か月前

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eee

Mana

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

4か月前