Btn appstore Btn googleplay
51hthbw2kll

仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つける。実は時計店だった... 続き

コメント

捨てなければ
修理できる。

文章だけど漫画みたいな印象。
ときめきました。

連作短編集だけれど長編だと思って読みたい。明里と時計屋さんの静かな揺らぎを、ゆっくり感じるのが素敵だ。思い出の修理に奇抜なものは何もない。ただ真摯に向き合って関わり合うことで、人は前に進める。
なんといっても「太一」がキモだろう。彼は欠けたピースをいつも持っている。それが一番の不思議だ。ジャラジャラアクセサリーには、やられてしまいました。笑

子供の頃に少しだけ過ごした思い出の家を借りて生活を始めた主人公が 向かいの時計店に住む青年と知り合い お互いの傷ついた心が少しずつ氷解していくさまが すごく素敵で 出逢うべくして出逢った2人なんだなと感じられます

時間が飛ぶ小説っていいですよね。好き。

過去は変えられないケド、個人の思い出の修理はできるんだなぁ。。。

読者

56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa80a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835bDac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bdE87aa82e e85b 4c6a 8352 d6dde7818466933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d3C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 32人

谷瑞恵の本

木もれ日を縫う

木もれ日を縫う

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

3姉妹は東京に出てからほとんど母親と連絡を取っていなかったら ある日母親が行方不明だと連絡が入る 見つからないまま月日がたった ところが突然 3姉妹の住む東京へやって来た 母の目的は3姉妹に渡すものがあるという事 しかも山姥になって全てを忘れてしまう前にと言う 昔からの言い伝えってどこまでがホントでどこまでが脚色なのか・・・ ただ親子ってどこまでいっても親子なんだな 母親と再会した時の紬の感覚は正しかった 母親の人生は側から見たら辛そうに見えていても 本人にとってはそうでもなかったんだとしたら案外気持ちの持ちようで人生は違ってくるのかもしれない

3か月前

3ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6A0e34a18 347e 486a 8e43 4dde98c27f19Icon user placeholder
拝啓 彼方からあなたへ

拝啓 彼方からあなたへ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

中学時代から親友と手紙のやりとりをしていた詩穂 大人になってから「おたより庵」という手紙に関する商品を中心にした雑貨屋を営んでいる 携帯電話が常となった今 あまり手紙を書くことがなくなっているが 想いを伝えるということで言えばメールや口頭よりも手紙の方が伝えやすいというか伝わりやすいのかな 詩穂もお店に来たお客様に手紙にしてみることを勧めていて 素直な気持ちを書き連ねることで見えてくるものがある 過去と向き合う事から未来へと進んでいけるのだろう

4か月前

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ4作目(完結) 明里へのドレスウォッチが完成 2人の未来を考えるときがやってきた 過去に会えない彼女と別れた経験のある秀司が出す結論に明里が出す答え 2人が選んだ未来はきっと間違っていない どちらかの夢を諦めさせたら いつか後悔するときがやってくると思うから

5か月前

56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa8De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bdD7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258ee 8
めぐり逢いサンドイッチ

めぐり逢いサンドイッチ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

姉の笹子がやっているサンドイッチのお店を手伝っている妹の蕗子 常連の小野寺さんとパンを仕入れてもらってるお店のイケメン川端さんとともに 楽しくお店を切り盛りしている お店には悩みや問題を抱えているお客様が訪れて そんな人達の心を癒そうと日々いろんなサンドイッチを作っている そんな優しいお店が近くにあったら即常連になるのにな

11か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921845d09c2c3 397e 4086 8fff 8704905726a0Icon user placeholder