Btn appstore Btn googleplay
519iidj%2bbul

死へと向かっていく妻に照射される夫のまなざし40歳代の妻は癌に冒され死へと向かって歩む。生命保険会社勤務の夫は愛する妻へと柔らかい視線を投げかける。人生考... 続き

コメント

「人が死ぬ系の物語か。。。」とお涙頂戴系を予想していたが、全く違った。

確かに人は死ぬ。
がん患者の妻を夫が看病し、看取るという物語だ。
でもそこには、かわいそうとか悲しいとか絶望とかは、無かった気がした。

人と人との距離が遠くなっていくことは、必ずしも悪いことじゃなくて、むしろ美しいと形容して良いことなのかも知れない。そういう提言を、淡く優しく語りかけてくれるような本だった。

“その瞬間を目指して看病しているわけではない”
という一文がずっと心に残っています。

死にたいしてある意味真っ直ぐな愛

淡い関係も遠くなる関係も、全部美しい距離

とてもよい作品だった。
タイトルと中身がマッチしすぎている。

がんを患った妻と、その妻を介護する夫との距離。夫と、妻の家族との距離。妻と妻の職場の人たちの距離。妻の職場の人たちと夫との距離。

病気を通してあらゆる人たちの距離が、緻密な文章で表現されてて、いたく感情移入してしまう。

ずっとこのままがんであり続けて欲しい、自分もがんになりたいとまで思う夫の、妻への愛に思わず泣きそうになる。

そして、「来たか」「来たよ」と片手を挙げあっていた夫と妻が、妻の死後、手を合わせて拝まなければならないことへの違和感もまた“距離”として表現されていて、山崎ナオコーラさんの作品をもっともっと読みたいと思わせてくれた。

読者

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a529fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderB2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5 26人

山崎ナオコーラの本

かわいい夫

かわいい夫

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

エッセイ。旦那さんの話だけでなく、家族の話。大事な人を失くしてきたナオコーラさんだから書ける話もある。

約1か月前

Qvbsav81 normal9141c237 6f85 4897 81fb 8e513a5fd154
美しい距離

美しい距離

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

看取りの話なので、途中涙は出てくるけど、悲壮感はなく淡々と美しい。ささる文章も沢山ある。

3か月前

Aa3cd999 f6cf 4df9 a226 df61b579a6deB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4D47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5
ベランダ園芸で考えたこと

ベランダ園芸で考えたこと

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ナオコーラさんが、自宅のベランダで園芸をし、そこから社会についてやいろんな考えが書かれたエッセイ。うまく園芸に絡めているのがすごい。あとがきもしっかり読んで欲しい。

10か月前

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2A0ed5209 0cec 419b 97e0 7ac1d5fe52d1C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe57