61efd94nkgl

当代一の目利き、"ほんもの"を知る唯一の人といわれた白洲正子。今秋、旧白洲邸「武相荘」が記念館としてオープンするのを機に、白洲ワールドの拠点の全貌をあます... 続き

コメント

こちらも。ザンジバルにて。

読者

Bf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf

白洲正子の本

私の百人一首

私の百人一首

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

知識、教養があると「おもしろい」「なるほどな」と思えるものが世の中に多くなることを実感させられる。 日本の義務教育も、画一的な知識をインプットさせるだけでなく、学ぶ楽しさを紐解いてほしい。

7か月前

3bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef9647d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfF51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d4
能の物語

能の物語

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

ひょんなことから興味が湧き、手に取ったのがこの本です。日本の伝統芸能である「能」なんて見た事が無いのですが、これを読んでみてみたくなりました。伝統芸能の「歌舞伎」も見た事が無いのですが、もしかすると面白いのかも知れないと、考えるようになりました。私はオトナになるまで舞台芸能に触れる機会が無かったからか、最初は違和感があったのですが、ナマものはやはり面白いですね(私の場合はナマ舞台芸能体験はオトナになってからのバレエでした)。ただ、やはり子供の頃に1度でも良いので見て、まねして舞台で教わる、という経験があるともっとどんな分野でもすそ野が広がると思います。あまりに知らなさ過ぎですから。 たくさんある「能」の話しを文章で再現するという難題に白州さんが応えてくれます。白州さんも以前から気になる存在なのですが(もちろん旦那さんもですが)、初めて読んだのですが、とても読みやすかったです。ありたいていな表現ですが、風情ある文章です。 中でも私が気に入った話しは、おそらく舞台で見るなら最も気になる舞いで見てみたい話し「井筒」、舞いに自分の想いを込めて主人の意見を変えさせる「熊野(ゆや、と読みます人の名前です)」、島流しにあった僧が仲間と離れることになる「俊寛」、昨日の敵で、今日の友と言うべき境遇を受け入れる「敦盛」、不思議な光景を見せる琵琶湖のほとりの話し「竹生島」、情景てきに素敵な桜の話し「桜川」、など、どの話しも舞いと見てみたら面白そうです。 舞台芸能に、古典に興味のある方に、オススメ致します。 2009年 1月

1年前