Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51kmfqphril

1979年、台北。物売りが立つ歩道橋には、子供たちに不思議なマジックを披露する「魔術師」がいた――。今はなき「中華商場」と人々のささやかなエピソードを紡ぐ... 続き

コメント

台湾で最も旬な若手作家だという呉明益の初の邦訳書。ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらの台湾映画にどうしても惹かれてしまうそこの貴方、必読です。ケリー・リンクらSF(ストレンジフィクション)・幻想文学好きにもオススメ。

20数年前まで台北に存在していたという中華商場が舞台。そこで育つ子どもたちの日常や周囲で起きる事件が描かれたフィクションなのだが、本当に魔術師は居たのではないか?いや、そもそも中華商場は本当にあったのだろうか…?と読後も物語の世界から抜け出せない。
自分が行ったことがあるはずのない中華商場が今一番懐かしい場所になっている。

本書の舞台は台湾、台北市の中華路にあったショッピングモール「中華商場」だ。
「忠」「孝」「仁」「愛」「信」「義」「和」「平」と名付けられた店舗と住居が一体になった8棟の3階建て商業ビル。
各棟は歩道橋でそれぞれ繋がり、そこにはたくさんの物売りが、日用品や、アイスクリームや包みパイ、洋服や、金魚、亀、すっぽん…さまざまなものを売っている。
本書では買い物をするたくさんの人々とそこを遊び場にする子どもたちの姿がとても生き生きと描かれている。
きっとそれは、著者もまた「中華商場の子ども」の一人だったから。
まるでページから音や匂いまでしそうなくらいに躍動感や懐かしさ、切なる愛着が伝わってくる。

かつて台北に存在した中華商場という商業施設を舞台にした物語。
サウダージとはこのことなのだろうか。

なんだかずっと物語の中にいるような不思議な感じ。自分も舞台の中華商場で育ってきたかのような錯覚にも陥る。

読者

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777Ooebgixj normal39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bF179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff35212519c 2948 490b 82be 2161ee48a1f9Picture9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 11人

文芸

Q&A

Q&A

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

最後まで読むと変な唸りがうまれる一冊。 報われないし救われませんが、こういうのが好きな人にはたまらないのでしょうね。

約13時間前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
星の王子さま

星の王子さま

7cdadb0a 9ac7 469a be1c 2e34026d4e51

猫中アヤ乃

渋め音楽が好きな人

子どもの頃には分かっていた大切な事、大人になった気でいる部分が確かに自分にもある。星の王子さまには当たり前であっても、ハッとさせられます。 また数年後に読みます。

1日前

ポースケ

ポースケ

9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf8

幾望

3匹の猫のお母さん。

誰しも心の中に靄がかかったような灰色の部分がある。それを完全ではないけど、どうにか払拭しながら日々暮らしている。 カフェ「ハタナカ」という場所、店主ヨシカが、癒してくれるというわけではない。いつも同じように迎えて、食事を出して、送り出してくれる。いつも同じが、嬉しい。 旅行で訪れた町の商店街のアーケードを歩いていて、ふと見上げた先に「ハタナカ」を見つけれそうな、親近感わく物語です。

1日前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholder