Btn appstore Btn googleplay
410yp1nivol

コメント

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

読者

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

柴崎友香の本

百年と一日

百年と一日

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

大きな時間の流れの中では、人々の生活の変化は取るに足らない小さなものかもしれない。本書はその無常観の中で生きることと埋もれていく数多くの個人史を掘り起こしていく。そこには確かに人の営みがあったことを忘れてはいない、大げさに言えば物語という「枠」を使い、人間としての尊厳を取り戻す作業だ。 もちろん教訓的なイイ話でだけではなく、例えば最終話の埋もれていた部屋の話ではさっきまで住んでいたようなまま何十年も保存されていた質感や若い女性の間借り人が生きる為に書き綴った個人史にグッとくるけど、もしかしたら戦前に住んでいた模型作りが趣味の脚の悪い男がこしらえたミニチュアの建物の中で起こった入れ子細工というのか?無限に繰り返されている話なのかもと想像したりもする。 「地下街の噴水」地下街やデパートの飲食街にあった噴水はいつの間にか姿を消した「藤棚のあった角のたばこ屋」の様に。記憶の中にある最後まで残ったいた噴水はJR鶴見駅ビルにあった噴水だ。しかしそのビルも10年以上前に取り壊され臨海工業地帯の匂いが消されたスタバや成城石井の入ったシュッとした建物となった。 掌編小説だがするめの様に読むたびに味が出てくる。表紙の静物画もイイ。

約1か月前

8834eb48 49a1 4276 b21c c9f41613cd2f6ae103ed 10b7 44a6 b4fa 117d402694bcBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d 16
かわうそ堀怪談見習い

かわうそ堀怪談見習い

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

日常に潜む得体のしれない何かがすうっと忍び寄ってくる。いやもしかしたら日常と思っているこの世界はあくまで世を成す一部分であり、並行する世界が存在し、ふとした瞬間に入ってしまうことがあるのかもしれない。そう感じたのは環状線乗車中成り行きで降りた駅に広がる見知らぬ街の風景である。妙に古臭い街でスッと指差される恐怖。誰もいない校舎から聞こえる子供の合唱。回りは古い家ばかりでどこも窓を閉め切って人の気配はしない。 これはもしかしたら戦前にあった街で、空襲で亡くなった人達の怨念がこの世への未練のために作り上げた街かもしれない。それが環状線と繋がってこの世と出入りできる通路になっているのではないだろうか。と勝手な妄想を抱く。 「元々うちの店は千日前のほうにあったんやけど、じいちゃんの代の時に空襲で焼けて、戦後に親戚がやってたこっちの店に移ってきて」p.113 「ここで昔、大きな火事があって、その時の人が、今でも人を待っているそうです」 その話を受けて 「それに似た話、わたしも聞いたことがあります。この近くにある、私が中学生くらいまではデパートやったビルがあるんですけど、そこの角で待ち合わせしていると、知らない人が待った?って声を掛けてくるって」p.210 全く違うページなんだけど「千日前」「大きな火事」「デパート」が脳内で繋がり 千日デパート火災と答えが導き出された。怨念が残るのも当然の痛ましい事件の記憶。 元々著者の風景描写が好みだけど、今回も「金網のフェンスの外は、運河の流れがある。対岸は白っぽく霞んで、ぼやけている。灰色がかった空気の向こうに、工場のクレーンと煙突がかろうじていくつか見える。向こう岸は、ずいぶんと遠いような気がする」」p.86 家鴨が右左に見ながらただ川を流れていく姿を描いた三好達治の「家鴨」に通じるものを感じた。どちらもたまらなくグッとくる文。

6か月前

559945c1 302a 4572 90d7 e691d0e407d853e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a
待ち遠しい

待ち遠しい

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

若さゆえの想像力の欠如なのか弱さを隠すための突っかかりなのかさっぱり理解できない沙希を見守り、わかり合うことは無理かもしれないけどそれでも一緒に生きていこうとする春子とゆかりのまなざし。 物語は三世代に渡る女性の姿を描いている。物語の中心となる春子は自分と同じ就職氷河期世代、高度経済成長を経て繁栄を極めた時も知っているし今日の没落しつつある時代も知っているので俯瞰で見ることができる。時代の犠牲となったともいえるが想像力は養えた。自己責任という言葉の身勝手さも。 「どの年代にも、結婚しなかった人、子供がいなかった人、一人で生きてきた人 、一度は結婚したり子供を持っても離れなければならなかった人いろんな人がいる。その誰もが、仕事をして、ささやかな楽しみを見つけて、自分の人生を生きてきた。」P.211、本文中ここにグッと来た。想像力を働かせよう。ジャッジするのはやめようと。 ところで本書は大阪住宅小説ともいえるが、春子の住んでいる場所はどこなのだろうか。「地上を出てすぐ川の上を走る」「勤め先に乗り換えなしで行けることも大きかった。急行か準急で二十分ちょっと。」から御堂筋線で千里あたり?御堂筋線の地上に出て道路と並走するところが割と好き。少年ナイフのカバー曲で使われた発車メロディーも。

約1年前

Gqejsx n normal9bdb99ea adbf 4491 80ec eb69f4ea8bf89a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476 11
走る?

走る?

1fed965f d985 401c b03c 7089cae60842

でこい。

不思議恐いのが大好き。

恒川光太郎目当てに購入。☻

約1年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa