Btn appstore Btn googleplay
41zwywft2wl

人類史上もっとも人の寿命が長くなった今、医師やまわりの人は死にゆく人に何ができるのだろうか? 全米で75万部のベストセラーとなった迫真の人間ドラマ。現役外... 続き

コメント

効率を重視するあまりに、非人間的な収容施設と化してしまう老人ホーム。

手術、放射線治療、抗がん剤と、できる限りの手段で治療を図るあまりに、終末期の生活の質を致命的に損ねてしまうガン医療。

あるのかどうかわからない未来のために現在の健康を犠牲にするのでなく、今日を最善に過ごすことの大切にすること。
介護のために援助が必要でも、自由な生活を犠牲にする必要はなく、死すべき定めとの戦いは自分の人生の一貫性を守る戦いであると、本書では説かれている。

安全や寿命よりも、大切なことが人にはある。まさにその通りなのだけど、実際にその状態になった時に何処までその意思が貫けるのか、いまから覚悟を決めて少しづつ準備をすべきなのだと実感した一冊。

‪自分にその時が来るまで寄り添っていてほしい、本当に素晴らしい一冊。著者は現役のお医者さん。死に怯える中、正解がわからないままどんな治療をするか、しないか決めたり、人生最後の日々の過ごし方を選んだりする人々の姿が胸に重く響きます。心を揺さぶるとともに、とても勉強にもなる堂々たる名著。

読者

9f9b848f 3cf4 4d89 a43f 1a3dba9878f0748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cBz 2l3rc normal314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad0166cbda47 517c 4053 b359 eaa7d3361eab0943e469 2ef8 46fc 855e 85511fcf57e3D30cb9ec 10b2 4121 884d 1a9cff3a75025aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 15人