21js9925cel

コメント

宇宙を旅した人たちの言葉と地球の美しい写真の数々。自分の身体を離れて、遠く遠く、宇宙から地球を眺めているような気分になる。自分の悩みなんて、本当にちっぽけだ。細かなことに気を病むのが馬鹿らしくなる。
今はみんな視野が狭すぎる。だから息苦しくなるのではないか。
宇宙からの視点をみんなが常に持つことが出来たら、もっと自由に、もっと平和に、もっと今生きているとゆう奇跡を強く感じることが出来るのではないだろうか。

刊行年は1988年、まだソ連という国があった時代。「宇宙から眺めた地球には、国境の傷跡はどこにも見当たらなかった」というシリアの宇宙飛行士の言葉が忘れられません。

読者

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4edE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

新刊

日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

少子高齢化がこの国に背負わせた半世紀は続くであろう呪い、AIの飛躍的進化が奪う雇用、そして遠からずやってくるとされる国際的な金融危機と、暗澹たる心持ちにさてくれる一冊。 国そのものは当分低空飛行だろうから、個々人で出来る範囲で備えるしかないかねえ。最近この手の本が増えた。

20分前

町山智浩の「アメリカ流れ者」

町山智浩の「アメリカ流れ者」

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

読了。「最前線の〜」に比較するとラジオ放送も基本ネタバレに気をつけているので「観る前情報」に重き。ラジオのライブ感がなかなか紙面に伝わってこないのがやや残念。巻末のリストは毎回録音してる身としては非常に助かる。

約1時間前

70年分の夏を君に捧ぐ

70年分の夏を君に捧ぐ

67f4eb15 3ec1 4cd3 bb3d ba4df6e1b9aa

みー

芸術と本とダンスが好き。

戦争を経験したことがない、この時代に生きている人すべてに読んでほしいです。いままで戦争ものを避けていた自分が阿呆だと感じました。

約5時間前

Icon user placeholderA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32