51s7z5w77al

発行元から

愛する人との出会い、そして永遠の別れ。味わったことのない孤独、底なしの喪失感に苦しむ主人公は、未来に向かって歩き出す。

よしもとばななの本

花のベッドでひるねして

花のベッドでひるねして

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

ふわふわ現実味なくのほほん平穏無事に不幸を知らずに生きていそうに見られる主人公、幹は生まれてなもなく捨てられた子。砂浜の、わかめのベッドの上に。日常を、いまあるものを、だいじな人たちを愛して生きていれるって、本当にしあわせなことだなぁと思い出させてくれる小説。長くないのでさらっと読めます。夢に跳ねるうさぎがいっぱい出てくるシーンはちょっと不気味で怖かった。 20190502

1年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499cAa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696 19
すぐそこのたからもの

すぐそこのたからもの

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb

みかんぼうや

電子書籍ラバー 記憶に残すために…

あったかくて切ない。子育ての間のわずかな時間を切り取ったエッセイ 息子を持つことが楽しみになる

1年前

日々の考え

日々の考え

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

人の間で生きるから人間だとはこのことなのでしょうか。 小学生的ド下ネタに爆笑しつつ、生きるとは人生とは、、って自分の衣食住をふと考え直せるエッセイでした。

約2年前

Icon user placeholder93605dd9 cb0d 46dd 86bb ff7582a4aca9
まぼろしハワイ

まぼろしハワイ

07df2e5b 50a5 4ca6 93e5 8147156161c0

jun

osakaJAPAN 2020…

ハワイ好きとしては、読んでおきたかった一冊。 読んでいるとハワイの空気・花・空・海・山・匂い 全てが入ってくる。 五感で感じる、そんな本です。 絵も素敵。

約2年前

99369adc 2895 4249 bce8 9a7ed0cefadd3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b