Btn appstore Btn googleplay
511zbmodqkl

ベストセラー作家に降りかかった妻へのDV容疑。身に覚えのない嫌疑を晴らすために余儀なくされた9日に及ぶ留置場生活。そこから見えてきた日本の刑事司法の問題点... 続き

コメント

民事を有利にするために虚偽の告発をする。これに対する罰則は何もないのか。国家権力の恐ろしさが、ひたひたと伝わってきます。

読者

8026b1e1 496c 41e6 941f b12414b9bdf8E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cAd013ee8 1027 4532 8486 8c6fda35185c 3人

冲方丁の本

戦の国

戦の国

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2020/10/01 読了 D・E・ウェストレイクの『骨まで盗んで』が、登録できないので、次の本を。 『決戦』シリーズの作品を年代順に並べ替えたものです。「『道』という視点で」と帯にはあるが、戦いを求める武士の姿を見たような気がする。 明智光秀の『純白き鬼札』は、面白い解釈。

約2か月前