Btn appstore Btn googleplay
51ppuaqrqql

文芸冬の時代に放つ激熱エンタテインメント 大手出版社の文芸編集者・俊太郎と、華々しいデビューを飾ったものの鳴かず飛ばずの作家・豊隆は幼馴染みだった... 続き

コメント

現在の出版事情とリンクしているので、業界の人はただのフィクションとして読めなかったのでは!?

読者

248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c322b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e750367e80 0ba6 40c0 b4ed a1531cc2e83a266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf 4人

早見和真の本

店長がバカすぎて

店長がバカすぎて

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

作中で小柳さんという人が言っていました。 物語の持つ力の一つは「自分じゃない誰かの人生」を追体験できることだと。 けれど、読み終わった僕は思ったのです。 「これは自分の人生かもしれない」と。 会社から、 版元から、 お客様からの理不尽に耐えながら、 時に苛立ちながら、 何故書店で働き続けているんだと。 それはもう 「本が好きだから」 という一点でしかないのです。 それでも溢れ出る不安に、 立ち込める暗闇に、 優しい一筋の光を照らしてくれるような小説でした。 「なんてタイトルなんだ」と思うでしょうが、 最後は「これしかないな!」と納得します。 あと、 この本で「天中殺」という言葉を覚えました(笑)

6か月前

3c6629fb 0156 4f23 b776 edb603b55c945a435c13 7b9b 42b9 a472 af57dd361cb1 k2ja 3u normal 55
95

95

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

1995年。 あの頃、僕らは熱かった。。。 今も変わらず熱くいろよ!カッコいい大人でいろよ! そんなエールを送られている気がした。 17歳という歳を経験したすべての方にお送りする、最高の青春小説。

4年前

B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F91dee46 9b30 48f7 9584 4d085546289a 8