51zmeqo9v6l

彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。 続き

コメント

こんな技術があればなぁ。
未来が見えるって悪いことなんですかね。

さすが東野作品!という面白さ。
先が気になって仕方なくなるので、もちろん一気読み!

ラプラスってなんだろ〜とか思いながら読んでた。登場人物が繋がっていく、点と点が線になる展開は驚嘆の一言。ワクワクしながら完読しました。

カッコウの卵…に似た感じ。
序盤ドキドキするけど、結末のスッキリ感はあんまりない。個人的には昔の作品のが好き

バラッバラの人たちが繋がってく、迫ってくる感がすごい。
最後がシュンって終わっちゃったのが少し残念。
未来は知らない方がいいのかぁ…

読み始めたら、どんどん読めてしまいました。登場人物たちが次第につながっていくさまが面白かった。

관심이 있는 책

科学もののミステリ。いつも通り、安定した面白さでした。

読者

2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b2e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a235209D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e9e2eb614 0fd5 4db1 938e 80ece493515cIcon user placeholderBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholderIcon user placeholder 55人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

18日前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

約1か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f1F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37e0508ce27 f36d 47ad 8a43 cd82b1c976ea 35
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

3か月前

C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac80c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda4 67