41gahex3zql

発行元から

世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。が、5%のために世の中はあるわけではない。平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。しかし、その社会には支配層が流す「若さこそ価値がある」「友情は無欲なものだ」といったさまざまな"嘘"が"常識"としてまかり通っている。嘘を見抜けるかどうかで僕たちは自由な凡人にも不自由な凡人にもなる。自由な凡人人生が最も幸福で刺激的だと知る、押井哲学の真髄。

目次

第1章 オヤジ論-オヤジになることは愉しい
第2章 自由論-不自由は愉しい
第3章 勝敗論-「勝負」は諦めたときに負けが決まる
第4章 セックスと文明論-性欲が強い人は子育てがうまい
第5章 コミュニケーション論-引きこもってもいいじゃないか
第6章 オタク論-アキハバラが経済を動かす
第7章 格差論-いい加減に生きよう

押井守の本

ゾンビ日記

ゾンビ日記

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

再読。小説だが、死生観、暴力、孤独、の論考。狙撃の知識。

約4年前

監督稼業めった斬り―勝つために戦え!

監督稼業めった斬り―勝つために戦え!

01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020

もりもと

日々平穏

その昔、押井守特集をオールナイトで観た記憶が蘇ったなあ。池袋の文芸座でした。あの頃はまだ、20世紀だったか。。で、こんな切り口の監督論なんて読んだことがなかったので新鮮でした。作品論ではなく、いかにして映画を撮り続けるかという勝敗論だったとは。あえて大ヒットさせないとか、なるほどー。

約5年前