Btn appstore Btn googleplay
51ooz6nt2cl

『11枚のとらんぷ』を筆頭に、『乱れからくり』等数々の名作でわが国推理文壇に不動の地位を築いた泡坂妻夫が、この一作をもってデビューを飾った記念すべき作品-... 続き

コメント

辛気臭くない、探偵小説。
シリーズ1/3

最初は「亜」という名前とキャラクターに馴染めませんでしたが、じわじわと染み込んできました。短編なので、すぐな読める上質なミステリーです。

読者

2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd70427446 bf42 4b1f 94a0 5f0d65420be672cbfe68 3ca1 4af3 a947 ac3545fb9a4a 3人

泡坂妻夫の本

花嫁のさけび

花嫁のさけび

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6

みつちや

図書館メインで海外ミステリが好き…

2018 3月 課題本 本の内容は面白かった。 点数付けたらやはり高いと思うけど、昭和の日本推理小説のイメージで、昔から苦手です(笑) 私の思う女性像とかけ離れてるんですね。 昭和の紋切り型、みたいな。 でも当時としては斬新なのかな?

1年前

奇跡の男

奇跡の男

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

本屋でゴリ推しされていたので購入。最近の本かと思ったら、ちょっと前の本で文体が少し古かったですね。この時代感が好きな人には良い作品かな。私的にはそのモードでは無かったです。

約2年前

湖底のまつり

湖底のまつり

4eeffc2d 9a1c 4fee 9df5 c2f9ef8eb2ff

読んだ本を忘れないために

本屋で表紙買い。 最近の本だと思って読んでたら20年以上も昔の本だった。別の本屋でも平積みされてたから多分いま推されてる。 ダムの底に沈む村を舞台にした幻想的なミステリーで、途中官能小説になりながらも謎が気になってぐいぐい読める。 この手のトリック結構あるけど毎回騙されるんだよな〜

3年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a 14
蔭桔梗

蔭桔梗

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

淡白 秀逸 余韻

約5年前