31qfjvejrdl

発行元から

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである著者が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった"書く技術"の授業をいま、始めよう。

目次

はじめに 「話せるのに書けない!」のはなぜか?
ガイダンス その気持ちを「翻訳」しよう
第1講 文章は「リズム」で決まる
第2講 構成は「眼」で考える
第3講 読者の「椅子」に座る
第4講 原稿に「ハサミ」を入れる

古賀史健の本

みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門

みんなが書き手になる時代の あたらしい文章入門

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

文字だけで伝えなくてはならない文章は、とかく相手に伝わりにくいもの。ただ思いの丈をぶちまけても説得力は生まれない。人に伝わる、人を動かす、感動を与える文章を書くには一定の論理が必要である。 逆に言えば、文章に一定の論理が備わっていれば、自ずとその価値は高まるわけで、本書は上記の前提に立って、可読性の高い文章を書くためのテクニックを伝えてくれる。 主張・理由・事実の連動、主観と客観の使い分け、起「転」承結を意識した構成、などなど、ほんの少しだけ構成を手直しするだけで、文章はびっくりするほどわかりやすくなる。 仕事や趣味のBlogなどで、日常的に文章を書く機会がある方には一度試して見て頂きたい小技集であると言える。ワリとおススメ。

約2年前

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー@書店員

書店員2ndシーズン突入

糸井さんが、自分自身のことを語る。 こういう本がずっと欲しかった。 気を許すことのできる古賀さんがインタビュアーになることで、 本当のことを、 本当の言葉で、 誇張することなくまっすぐに語っている気がしました。 個人的に岩田さんとのエピソードにたっぷりページを割かれていて、すごくうれしかったです。 糸井さんと岩田さんのやりとりを、 もっともっと見たかった。 2人とも、心から尊敬しています。

約2年前

D5863304 76d1 47fe a6fb 48f11f3b63d3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016Icon user placeholder