Btn appstore Btn googleplay
51 iub7a1jl

お姥捨てるか裏山へ、裏じゃ蟹でも這って来る。雪の楢山へ欣然と死に赴く老母おりんを、孝行息子辰平は胸のはりさける思いで背板に乗せて捨てにゆく。残酷であっても... 続き

コメント

高校生の時に演劇部でこれをやろうとして果たせなかった。最後の方、母親を背負って姥捨山に向かう辰平を舞台で再現したかった。

哀しくもありちょっとゾッとする

弱い誰かを切り捨てるということが今も行われている。それだけでなく、おりんという人、その家族、村について思えば思うほど辛い。本当に面白い一冊

「暴力など振う奴はミュージックのない奴にちがいない。」

『東京のプリンスたち』では、縛られることを嫌いミュージックを渇望する青年たちから『限りなく透明に近いブルー』を。
『楢山節考』はひもじさの中にある親族愛と決断の強さから『夜あけ朝あけ』をそれぞれ彷彿させる。

時代背景が好きだ。エルヴィスを聴け。

自分が老人になる頃はどういう社会になっているか。。

読者

803d6c80 2917 4389 ab06 ff186609b9f23ac63efa 7036 47d7 bbc1 e729b86b4ce6Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd78eaa37d7 5e67 4405 b8e1 1cc2c1ff5af8Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1412e157b6d 772b 40cd aced a7a0a3ca84d82de1903e 2a7c 4f53 8419 a14eab2ad631 11人

深沢七郎の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

4年前

10
人間滅亡的人生案内

人間滅亡的人生案内

0a128ea1 0805 4b57 ae18 07a391683dd1

KENJI

ミステリー小説が、 特に好きです…

真面目なのか、ふざけているのか…悩める相談者に対して、コメンテーターが、独創的な観点で答えていきます。 不思議な世界観を楽しめます。

5年前

生きているのはひまつぶし

生きているのはひまつぶし

2d5e4841 5e82 4746 a20b 85b0ee3af334

Shinya Hayakawa

Bar&Records

考え方に共感できる部分が多いと読んでて嬉しかったりしていたのですが、共感できるかどうかは、もう関係なく読めるように変化した自分を知ることができました。

6年前

みちのくの人形たち

みちのくの人形たち

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

日本人なら深沢七郎は読んでおくべき。これは後期の代表作で、谷崎潤一郎賞受賞。「深沢七郎(1914〜1987)は、これまで人が知らなかったものを見る、あるいはこれまであったものを別のものに切り換える、特別な才能を持つ人だ。」(荒川洋治_解説より)

約7年前