Btn appstore Btn googleplay
51uvfft79wl

中卒で家を出て以来、住み処を転々とし、日当仕事で糊口を凌いでいた17歳の北町貫多に一条の光が射した。夢想の日々と決別し、正式に女性とつきあうことになったの... 続き

コメント

知り合いの芸術家が絶賛していたので読んで思った。
「なるほど、僕は芸術で食べて行けない訳だ。」と。
度を超えたクズっぷりとそれを書ききる才能、そのどちらも自分には無い。
嫉妬した。

読者

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097deC90af09e baf2 4bf0 8186 c80c3c1a5617Bc3177ae 6e5a 40be ae9c 70387b537d39D183094a d52f 454b ac26 f27f8cf622e671791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee4153c2cab6 3ef5 4493 b724 d463351d3daf 7人

西村賢太の本

芝公園六角堂跡

芝公園六角堂跡

6f6c2857 92db 498e b970 3cc9337a944d

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

「日乗」は時たまパラパラ捲っていたけど、そういえば長らく北町貫多の作品を読んでなかった、と思っていたところにこの四篇の存在を知って購入。 すっと入ってきた。 貫多の心の惑いも、再び火が灯る感じも、それでいてくよくよと考え続ける移ろいも。 貫多作品には暴力やべらんめえ口調の罵詈雑言がつきものだった、と思い出したのは著者解説を見てのことだった。 たぶん「日乗」(一冊目)での、西村賢太さん自身の静かな心の揺れ動きや、だらしなさまで含めたところの矜持の部分に目の馴染みがあったから、内面心理描写中心の本作も入りやすかった、と勝手に考えている。 そんなわけでやっぱり面白い。 芥川賞受賞以降のほとんど作品も二冊目以降の日乗も読めてなかったので、貫多の心の惑いの証拠を確かめるべく、少しずつ読み拾っていこうかなと思います。

約1か月前

一私小説書きの日乗

一私小説書きの日乗

6f6c2857 92db 498e b970 3cc9337a944d

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

再読。 テンポ、江戸っ子口調、淡々とした筆致、締切に苦悩しながら仕事をこなしていく様。そして日々の飲み食いが面白い。自分の立場からは日常の気楽さとかたやの虚しさを感じるが、氏の中では晴も雨もないからりとした日乗なんだろうな。江上剛の解説が的を射てる。寝そべりながら拾い読みしたい。

4か月前

無銭横町

無銭横町

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

年に一度は貫多の声を聞かないと。

3年前

小銭をかぞえる

小銭をかぞえる

Df4cf56c 4b41 456d 8309 9799b23de7ef

うっちー

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

相変わらず読書後の不快感がすごいある。 でも、また読みたいと思う。

約4年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e